2014年03月23日

東欧のロシア系住民問題

ウクライナのクリミア半島を事実上ロシアが占領し、編入する動きになっています。
ロシアの強硬姿勢が目立ちますし、実際ロシアは強引です。
ただ、ロシアの強引さは言うまでもないので、置いておいて、その背景を考えてみましょう。

ロシアの事を考える上で、必要なのは、ソ連。
「ソ連」これが、最重要なキーワードです。

冷戦時代・ソ連時代、東欧はソ連を盟主とした共同体を形成していました。
共同体・同盟・盟主と言えば聞こえは良いですが、事実上ソ連が東欧を支配していたと言っても過言ではない。
東欧の国々は、国家としての体裁は整えてあっても、国の重要な方針はソ連・ロシア人が介入しました。
それに反対した場合、ソ連の軍事介入を招き、弾圧を受けた。
少なくとも、東欧の非ロシア系住民は今でもその事を覚えている。

冷戦時代、ロシア人は東欧の支配者として君臨した。
東欧に移住してきたロシア人は、支配者側の民でした。
しかし、冷戦終結、ソ連崩壊で、状況が一気に変わった。
東欧各国はソ連の影響が無くなり、ソ連から独立した国も有る。
今まで、支配者側だったロシア人がその国では一気に、少数民・マイノリティーと化した訳です。

今まで、偉そうにしていた支配層の人間が、その力を失った時どうなるか?
簡単に想像がつきます。
今度は、逆にロシア人への迫害が始まります。
当然、時代は20世紀後半なので暴力や殺人などの迫害は多くないものの、やはりロシア人への迫害・いじめは起こります。
こうなると、東欧のロシア系住民としてはロシアに助けてもらいたいと言う気持ちになります。

本来、「ロシア系住民の保護」等と言う理由でロシアが他国に軍事介入する事など許されないのですが、それを強引にやってしまうロシアと、それを軍事的に止められない世界の現実。
今回は、クリミアでしたが、こういった背景がある以上、東欧のほかの地域でも似た事が起こることは有り得るでしょう。
アメリカや欧州がロシアに弱腰になると、第二・第三のクリミアをロシアが狙ってくるでしょうね。

posted by ガネーシャ at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

歴史をしっかり勉強しないから日本人は中国や韓国に騙される

中国と韓国は、日本の力をそぐ事を国是としています。
つまり、中国や韓国は、日本が国力を増すと困るわけです。
中国は、アジアのリーダー・盟主を目指しており、日本は目の上のコブ。
韓国は、経済面で日本を蹴落として今の日本の地位に取って代わりたい。

日本がアジアで影響力を持つと困る中国と韓国は、日本に対してことごとく「歴史問題」を持ち出します。
いわく「日本が侵略してた」と。

日本人は、どうも歴史が弱い。
学校で世界史の授業は有るのでしょうが、どうも第二次世界大戦から現代におけるアジア史はかなり苦手な日本人が多い。

さて、突然ですが、質問です。
インドネシアはどの国から独立したでしょう?

答えは「日本」?
日本が戦争に負けて、日本がインドネシアから撤退して、独立した?

いいえ、違います。
答えは「オランダ」です。

第二次世界大戦で日本は降伏しました。
大戦中日本はインドネシアを占領していましたが、日本が降伏した後、旧支配国だったオランダが舞い戻ってきてインドネシアを再び支配しようとしました。
インドネシアにとって、オランダの支配は劣悪だったようで「オランダにまた支配されるなんて冗談じゃない」と成った。
そこでインドネシアはオランダに独立戦争を挑み、独立を勝ち取ったのです。

では、ベトナムはどの国から独立したのでしょう?
実は、ベトナムも日本から独立したのではありません。
インドネシアと同じように、日本が降伏した後、旧領の支配を狙ったフランスから独立しています。
ちなみに、隣国のカンボジアなどもフランスからの独立です。

実は、東南アジア諸国は、欧米列強に植民地にされ、その後日本に占領され、その後さらに欧米列強に再支配される(されそうになる)と言う状況にあったのです。
日本と戦って独立を勝ち取ったのではなく、結局は再び自分達を支配しようとした欧米列強と戦って独立を手にしたのです。
この欧米列強との独立戦争において、日本は精神的支柱となった事も有名で。
日本がイギリスやオランダを蹴散らした事を見た東南アジア諸国の人々が、「同じアジア人の日本が欧米列強を蹴散らしたのだから、我々も戦える」と自信を持った事も有名です。
そして、独立戦争の際に日本人の義勇兵が現地のアジア人に協力して戦った事も、日本人はあまり知らない歴史です。

実は、東南アジア諸国が、日本に支配された歴史を持つにも関わらず、親日的(時に敬意にも近い)な国が多いのは、この辺りに原因があります。
中国や韓国が「アジアの国々が日本の右傾化、軍事大国化を〜」等と言いますが、実は東南アジア諸国は日本をそんな国だとは思っていない。
そう言えば、日本人が萎縮すると思っているから中国・韓国が大げさに言うのです。
でも、残念ながら、日本人はこの辺りの歴史を知らないから、なんだか「アジアの国々が心配してるのか」とシュンとしてしまう人が多い。

中国や韓国の策に乗せられてはいけません。

posted by ガネーシャ at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

悪意の有る異物混入を防ぐ事はかなり難しい

冷凍食品に農薬が混入した事件で、容疑者が逮捕されました。
まだ詳細はわかりませんけど。

逮捕された容疑者が、農薬を冷凍食品に入れた犯人なのかはわかりません。
逮捕されたのは、工場で働いていたい従業員だそうです。

はっきり言って、食品工場で働く従業員が悪意を持って食品に異物を入れようと思えば可能でしょう。
防ぐ事は、かなり難しい。
学者や評論家が「チェック体制を厳しく」と言いますが、最終的に悪意有る人物は、そのチェックを潜り抜けて異物を持ち込みます。
悪意を持って犯行に及ぼうと思えば、何だって出来てしまうわけです。
制服にポケットが無かろうが、悪意が有れば、何処かに隠して持ち込む事位考えるでしょう。
従業員のチェックにも限度があります。

悪意ある異物混入を防ぐ事は残念ながら、難しいです。

posted by ガネーシャ at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

韓国の反日という国是

日本は世界で上位の国にあり、国民はそれに慣れています。
経済力は世界有数、文化や歴史、影響力も大きな力を持っている。
ただ、日本の国力はここ十年、二十年、横ばいか減少の傾向にはある。

韓国(朝鮮)は、歴史上何時でも中国か日本の下にありました。
アジアのNO2、NO3、それ以下が韓国の定位置にあります。
その為、韓国がアジアで頂点に立つ為には、中国や日本を上回る必要が有ります。

韓国はまず日本を超える事を第一の目的としています。
韓国は、日本から技術を導入し学んでいます。
その為、韓国と日本は世界経済において、競合関係にあるケースが多い。
家電製品や乗用車等、韓国の主力輸出製品と日本の主力輸出製品はかなりダブっているのです。

日本の競争力が落ちれば、それは翻って韓国の国益となります。
今、世界では日本のイメージやブランド力は高く、それが日本製品にプラスの影響を与えている。
その為、韓国の国家戦略は日本の世界におけるイメージを落とす事に収斂されています。
ライバルを貶めて自分の利益にするという方法は、気持ちの良い方法とは思えませんが、正攻法で相手を上回れない時、この手の策略を取る人と言うのは居るものです。
残念ながら、韓国と言う国はこれに該当します。
「目的の為なら手段は選ばない」、これは韓国(韓国人)のスポーツの試合を見ればよくわかる。

日本人は、善良な人が多いので、「他人(他国)の悪意」に鈍感な人が多いです。
表向き、「先の戦争で・・・」と言いますが、実は、国ぐるみで韓国が日本を蹴落とそうと目論んでいる事に気がついていない人が多く、心配です。
国家間の競争における悪意とはそう言うものです。

posted by ガネーシャ at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

デーツとは何か

中東のパレスチナでデーツ(なつめやし)の収穫をする人。
パレスチナのガザ地区です。
写真を見るだけでは、普通の農作業に見えなくも無いですが、ガザ地区と聞くと複雑な思い。



デーツとは、日本人にはあんまりなじみが無いかもしれませんが、中東でよく栽培されている果実です。
名前はなじみは無いですが、多くの日本人が口にした事がある果実です。
何故かと言うと、デーツはソース類に使われる事が多いためです。
お好み焼きソースやとんかつソースなど、ソース類の原料に良く使われています。
家にあるソースの材料のシールを見てもらうと、「デーツ」もしくは「なつめやし」と書いてあると思います。

日常に食べたり飲んだりする物も、意外なところで出来たものを材料にしてるんですね。
面白いと思いませんか?
posted by ガネーシャ at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月15日

ファッションモデルになると言う事は、おっぱいを見せると言う事でもあるんだ

「モデルのような」「モデルみたいとなると、「美しい」と言う意味合いを含む。
美人だったり、スタイルが抜群だったり、そう言う人を形容する言葉が「モデル〜」。
多くの場合が、良い意味で使います。
女性の中にも、モデルに憧れる人も多いでしょう。
モデルとして認められるというのは、人々から美しさを認めらた事と同義。

ファッションモデルとなると、服を着てステージを歩く事が仕事。
そして、その服がスケスケのシースルーと成れば、胸、おっぱいは丸見えとなってしまう。
もちろん、ブラジャーなんて無粋な物は着けない。
恥ずかしげなんて、微塵も見せず、堂々と胸を見せてステージを歩く。

まあ、しかし、ファッションショーのモデルの胸は確かに見えるのですが、いやらしいとか、エロな感じは微塵も感じない。
まさに、美、芸術と言うものですな。

posted by ガネーシャ at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。