2012年02月13日

習近平は手強そうな人間だ

中国で、次期最高指導者となる事がほぼ確実視されている習近平国家副主席。
アメリカを訪問して、中国の次期最高指導者としての挨拶と言う感じか。

この習近平と言う人、かなり手強そう。
何が手強そうかと言って、この人は生まれこそ高官の子でエリートだが、その後大きな挫折を経ている。
文化大革命で父親が追放され、そのあおりを受けて自分もエリートの座から追われる。
田舎に追放され、自身も農作業に追われる毎日を過ごしたとか。
その後、復権を果たして政治家としての頭角を現し、ついには次期国家主席、最高指導者の最有力候補にまで上り詰めた。

「挫折から復活した」と言うのが、恐ろしい。
こう言う人間は、本当に強い。
伝わってくる人柄を見ると、中国人らしい「言いたい事は遠慮なく言う」人物で日本の外交でどれだけまともに対応できるか心配。

とは言え、実利的な面、開放的な面も多分に持っている人間のようです。
アメリカの映画を「面白い、好きだ」と答えたり、そういった率直な面も持っている。
手強い相手でしょうが、上手くやれば折り合いは付けられる、話せる人間では有るでしょう。





posted by ガネーシャ at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。