2012年02月22日

河村名古屋市長の南京事件否定発言

名古屋市の河村市長が、南京事件について「無かったと思っている」と発言してしまった。。。
当然、中国側は不快感を表明している。

まったく、何をやっているんだか。
別に、個人でそう思うのは勝手なのですが、公人である立場で自分の発言によって多くの人々が困ったり、怒ったりする事を市長なら考えて欲しいもの。

中国人との付き合いでは、「言いたい事を言う」のは良いのだが、河村市長が根本的に間違っているのは「中国の立場を無視してメンツを潰してしまった」事。
河村市長は、公の場で中国にコレを言ってしまったからダメなんです。
これじゃ、中国は怒らざるを得ない。

少なくとも、この部分は、中国も「日本が認められない」部分がある事は知っている。
だが、あえてそこは見てみぬフリをしている。
つまり、棚上げにしている。
なぜかと言えば、お互いに「俺が正しい、お前の考えを改めろ」とやると話が先に進まないから。
しかし、当然、日本側が中国の我慢できない部分に突っ込めば、中国側も看過できない。
当然の事。

名古屋は、中部経済圏の要。
当然、中国と付き合いの深い企業も多い。
中国が態度を硬化すれば、財界から、河村市長への突き上げが来るのは目に見えている。
そうなれば、河村市長は何らかの釈明に追い込まれる可能性も高い。
逆に、中国側が折れる事はまず無い。
良くて、沈静化を待って話を無かった事にする位のもの。
一部の愛国心しか頭に無い残念な連中からは英雄視されても、実際問題としては困る人の方が多いのです。

なぜ、負ける分の方が多い喧嘩をするのか。
負ければ、負けた分、相手に押し込まれるのに。
こう言うところが、現実が見えていないし、交渉下手だなと思う。




posted by ガネーシャ at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。