2013年04月28日

ネットユーザー層を味方に付ける安倍首相

安倍首相がニコニコ動画のイベント「ニコニコ超会議2」に登場。
来るべきネット選挙への布石とも言えますが、安倍首相の大きな支持基盤である若者へのアピールの面もあるでしょう。

面白い事に、安倍首相のアベノミクスは、若者が一番負担が大きいのに、若者に支持が多い。
所得の少ない層である若者に、物価上昇の影響が一番大きいからです。
特に、給料が大きく伸びる可能性の小さい非正規雇用の若者が一番のマイナス影響が出る。
一方、既に地位を築いている中高齢者にとっては、大きな財政出動や強制的な円安による企業業績の向上はメリットになります。
若者の給料が増える可能性と、中高齢者の給料が増える可能性は、後者の方が圧倒的に高く、しかし負担となる物価の上昇は誰にも平等にのしかかる。
もちろん、近い将来に有るであろう、消費税増税も同じく。
にもかかわらず、安倍首相の支持が非常に高いのが若者層と言うのが、面白い話です。

安倍首相は、今、若者に夢を与える事に成功している。
「今を我慢すれば、将来は良くなる」と言う雰囲気を作る事に成功し、若者の人気をつなぎとめる手を打っている。
その一手が、今回のニコニコ動画のイベントに出席して、若者との親近感をアピールする事でしょう。
その他にも、安倍首相は若者が主たるネットユーザーに対して何かと接近を図っている。
その結果、面白い事にネット上では「安倍崇拝」「安倍神格化」のような現象すら見られる。

安倍首相の政策には、共感できるものも多い私ですが、正直今のネット界の「安倍崇拝」「安倍神格化」は気持ち悪い。
「安倍首相に文句を言うな」「安倍首相に黙って従え」「安倍首相を批判する人間は敵だ」と言った雰囲気がアリアリと感じます。
若者と言うのは、感化されやすく、操られやすい。
第二次大戦前、ドイツの若者がナチスに心酔して狂ってしまった歴史を思い出しました。
これも、安倍首相のネットユーザー重視の姿勢の副産物でしょう。
もちろん、安倍首相が悪い、安倍首相が悪人と言うわけではないのですが。。。

posted by ガネーシャ at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。