2013年05月06日

韓国の現代重工業が世界最大のコンテナ船建造へ

韓国の現代重工業が、世界最大のコンテナ船を建造する事となりました。
建造するのは、全長400メートル、幅58.6メートル、高さ30.5メートルというビッグサイズ。
もう、このサイズとなると大きすぎて、パナマ運河を通れないサイズです。

韓国企業と言うと、サムスンが有名ですが、サムスン以外にも国際競争力のある企業は結構ある。
現代重工業もそのひとつで、造船では韓国トップと言うより、世界トップと言っても良い。
他には、海洋掘削船で有名なサムスン重工業なども有名ですね。

造船業界は、かつては日本企業の独壇場だった訳ですが、韓国・中国勢に抜かれて久しい。
韓国・中国勢は、価格競争力に技術力も申し分なく、世界中の造船を受注しています。
既に日本の造船業は危機的状況にあり、「日本の造船技術は世界最高だ」などと技術の高さで勝負できる状況に無い。
造船に関しては「最高」の技術が求められている訳ではない、「高い」技術が求められ、そして「コスト」が強く求められている。
最高だが割高の日本の造船は、そこそこ高い技術で割安の韓国・中国勢に勝てない。
既に、日本の造船業界は、小手先の国内企業同士の合併や連衡ではどうしようもない所に来ています。

posted by ガネーシャ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。