2013年07月24日

参院選挙で自民圧勝と民主大敗

先の参院選挙で、自民党は圧勝し、ねじれ国会が解消。
これで自民党(公明党)は、政権運営が楽になった。
法案を参院にて否決される心配なく、通せる事になった訳です。

自民党が勝利し、民主党が敗北する事は事前の調査でほぼ確実視されていました。
問題は、どの程度自民党が勝ち、どの程度民主党が負けるか。
結果は、皆さんの知るように、自民党大勝、民主党大敗です。

自民党の勝利は、生粋の自民党支持者だけではなく、民主党にあきれた無党派の票も多く流れ込んだ結果でしょう。
民主党の当選議席は、組織票によるものが大きいでしょう。
しがらみなく、自分の考えのみで投票した人は、民主党を完全に見限っている。

まず、民主党のダメなところは、国民を馬鹿にしすぎた。
自分たちが政権与党だった頃に国民を失望させた事を棚に上げて、自民党の政策を批判する事しかできなかった。
これはまさに「敗軍の将は兵を語らず」です。
自分が上手く出来なかったにもかかわらず、安倍首相の経済政策を批判する事しかしない。
「ダメだ」「上手く行かない」とは言うが「そこはこうすべきでは?」と言う具体的な案がない。
真摯な「日本が良くなる為」という姿勢が見えない。
「与党の邪魔をする”だけ”の存在」と言うイメージが完全に張り付いてしまった。

民主党がすべき事は、政権時代の不出来を素直に認めて、完全反省し平謝りし、その上で「自民党の助言役」の立場を狙う事だったと思います。
「邪魔しかしない」ではなく「国民の意見を聞きながら、自民党の政策に協力し、時に政策に影響を及ぼす」事だったでしょう。

国民も、自民党の圧倒的多数の政治には心配も有るのです。
だからこそ、その自民党の圧倒的多数にブレーキをかける存在は必要だと思う人も多いはずなのです。
しかし、民主党はこの「自民党のブレーキ役」を見誤って「ただの邪魔するだけの存在」に成り下がってしまった。
「自民党のブレーキ役は欲しいが、その役には民主党じゃだめだ」と思われている。
国民が今、アベノミクスを支持している、安倍首相を支持しているなら、素直に、基本的に安倍首相を認めて支える姿勢を見せれば良いのです。
安倍首相を認めながらも、部分部分で政策論争をすればよい。
だが、それをしないで、支持率の高い安倍首相を否定するだけ。
そりゃ、安倍首相を支持する人から見れば、民主党は「敗軍の将が何を偉そうに」となりますよ。

自民党も、選挙では驕りも見える。
ブラック企業などと言われる企業の創業者を候補者に選んだ。
これは、どう考えても、選挙にマイナスになるであろう事を敢えてする所に「勝てるだろう」と言う驕りがある。
どういう経緯で、自民党がアノ人を候補者に選んだのか知りませんが、これには私も理解が出来ない。

今後、日本が良くなるのか、ならないのか、それはまだまだ未知数ですが、期待はしましょう。

posted by ガネーシャ at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/370134354
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。