2013年08月13日

中国包囲網をめぐる外交駆け引きは戦国時代に似ている

アジアの外交は中国が柱になって回っています。
良くも悪くも。
中国は経済的にも大きいし、強大な軍事力も持つ。
かつて中国が中華帝国、超大国として君臨した唐や漢などの時代を彷彿とさせますね。

中国の軍事力の強化は、周辺国を脅かし、周辺国は対中国戦略に知恵を絞っています。
このたびのニュースでは、インドが空母を進水させたとか。
中国は、インドの仮想敵国のひとつです。

中国の軍事大国化への自衛として、アジアで中国包囲網が自然発生しつつある。
別に、日本が対中国包囲網の推進をしている訳ではないし、対中国包囲網の盟主でもない。
アジア諸国が思っている漠然とした不安が、形になってきたと言えるでしょうか。

中国は、当然、対中国包囲網を敷かれては困る。
中国としては、一国一国と対峙して、相手国の妥協を引き出したい。
アジア諸国は、日本とインドを除いて、対等に一対一で中国と対峙できる国はほとんど無いのですから。

この構図は、面白い事に中国の古代史、戦国時代の秦の話にそっくりです。
かつて、中国の戦国時代、多くの国が中国の覇権を争っていました。
世界史の授業をまじめに受けていた人なら、その後秦の始皇帝が中国を統一した事を知っているはず。
その秦の始皇帝の中国統一の過程で、強大化した秦への対抗策が国々で検討されました。
それが「合従連衡」の元になった「合従策」と「連衡策」。

今の中国を秦と考えるとわかりやすい。
戦国時代末期、強大化した秦。
その秦の力を抑える為、秦以外の諸国は共同して秦に対抗しようと、秦包囲網を敷きました。
それが、「合従策」。
秦は大国とはいえ、他の諸国が全て敵対してしまっては、さすがになすすべが無い。
困りました。
そして、秦がとった策が、包囲網の切り崩しで、「秦と同盟を結び、秦の力を使って自国の版図を広げませんか?」と諸国にささやく訳です。
秦の外交官が上手くそそのかした結果、対秦包囲網は崩壊し、秦は最終的に諸国を各個撃破し、中国を統一しました。

中国人は歴史を大事にしますから、この戦国時代末期の話は知っています。
面白い事に、今、中国は秦末期と同じように、対中国包囲網を切り崩そうと動いています。
実は、鳩山前首相が「中国包囲網は幼稚だ」なんて発言をしてるのを見て、ふと秦のこの話を思い出しました。

posted by ガネーシャ at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。