2013年10月05日

デーツとは何か

中東のパレスチナでデーツ(なつめやし)の収穫をする人。
パレスチナのガザ地区です。
写真を見るだけでは、普通の農作業に見えなくも無いですが、ガザ地区と聞くと複雑な思い。



デーツとは、日本人にはあんまりなじみが無いかもしれませんが、中東でよく栽培されている果実です。
名前はなじみは無いですが、多くの日本人が口にした事がある果実です。
何故かと言うと、デーツはソース類に使われる事が多いためです。
お好み焼きソースやとんかつソースなど、ソース類の原料に良く使われています。
家にあるソースの材料のシールを見てもらうと、「デーツ」もしくは「なつめやし」と書いてあると思います。

日常に食べたり飲んだりする物も、意外なところで出来たものを材料にしてるんですね。
面白いと思いませんか?
posted by ガネーシャ at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/376670582
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。