2014年03月23日

東欧のロシア系住民問題

ウクライナのクリミア半島を事実上ロシアが占領し、編入する動きになっています。
ロシアの強硬姿勢が目立ちますし、実際ロシアは強引です。
ただ、ロシアの強引さは言うまでもないので、置いておいて、その背景を考えてみましょう。

ロシアの事を考える上で、必要なのは、ソ連。
「ソ連」これが、最重要なキーワードです。

冷戦時代・ソ連時代、東欧はソ連を盟主とした共同体を形成していました。
共同体・同盟・盟主と言えば聞こえは良いですが、事実上ソ連が東欧を支配していたと言っても過言ではない。
東欧の国々は、国家としての体裁は整えてあっても、国の重要な方針はソ連・ロシア人が介入しました。
それに反対した場合、ソ連の軍事介入を招き、弾圧を受けた。
少なくとも、東欧の非ロシア系住民は今でもその事を覚えている。

冷戦時代、ロシア人は東欧の支配者として君臨した。
東欧に移住してきたロシア人は、支配者側の民でした。
しかし、冷戦終結、ソ連崩壊で、状況が一気に変わった。
東欧各国はソ連の影響が無くなり、ソ連から独立した国も有る。
今まで、支配者側だったロシア人がその国では一気に、少数民・マイノリティーと化した訳です。

今まで、偉そうにしていた支配層の人間が、その力を失った時どうなるか?
簡単に想像がつきます。
今度は、逆にロシア人への迫害が始まります。
当然、時代は20世紀後半なので暴力や殺人などの迫害は多くないものの、やはりロシア人への迫害・いじめは起こります。
こうなると、東欧のロシア系住民としてはロシアに助けてもらいたいと言う気持ちになります。

本来、「ロシア系住民の保護」等と言う理由でロシアが他国に軍事介入する事など許されないのですが、それを強引にやってしまうロシアと、それを軍事的に止められない世界の現実。
今回は、クリミアでしたが、こういった背景がある以上、東欧のほかの地域でも似た事が起こることは有り得るでしょう。
アメリカや欧州がロシアに弱腰になると、第二・第三のクリミアをロシアが狙ってくるでしょうね。

posted by ガネーシャ at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

デーツとは何か

中東のパレスチナでデーツ(なつめやし)の収穫をする人。
パレスチナのガザ地区です。
写真を見るだけでは、普通の農作業に見えなくも無いですが、ガザ地区と聞くと複雑な思い。



デーツとは、日本人にはあんまりなじみが無いかもしれませんが、中東でよく栽培されている果実です。
名前はなじみは無いですが、多くの日本人が口にした事がある果実です。
何故かと言うと、デーツはソース類に使われる事が多いためです。
お好み焼きソースやとんかつソースなど、ソース類の原料に良く使われています。
家にあるソースの材料のシールを見てもらうと、「デーツ」もしくは「なつめやし」と書いてあると思います。

日常に食べたり飲んだりする物も、意外なところで出来たものを材料にしてるんですね。
面白いと思いませんか?
posted by ガネーシャ at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月13日

中国包囲網をめぐる外交駆け引きは戦国時代に似ている

アジアの外交は中国が柱になって回っています。
良くも悪くも。
中国は経済的にも大きいし、強大な軍事力も持つ。
かつて中国が中華帝国、超大国として君臨した唐や漢などの時代を彷彿とさせますね。

中国の軍事力の強化は、周辺国を脅かし、周辺国は対中国戦略に知恵を絞っています。
このたびのニュースでは、インドが空母を進水させたとか。
中国は、インドの仮想敵国のひとつです。

中国の軍事大国化への自衛として、アジアで中国包囲網が自然発生しつつある。
別に、日本が対中国包囲網の推進をしている訳ではないし、対中国包囲網の盟主でもない。
アジア諸国が思っている漠然とした不安が、形になってきたと言えるでしょうか。

中国は、当然、対中国包囲網を敷かれては困る。
中国としては、一国一国と対峙して、相手国の妥協を引き出したい。
アジア諸国は、日本とインドを除いて、対等に一対一で中国と対峙できる国はほとんど無いのですから。

この構図は、面白い事に中国の古代史、戦国時代の秦の話にそっくりです。
かつて、中国の戦国時代、多くの国が中国の覇権を争っていました。
世界史の授業をまじめに受けていた人なら、その後秦の始皇帝が中国を統一した事を知っているはず。
その秦の始皇帝の中国統一の過程で、強大化した秦への対抗策が国々で検討されました。
それが「合従連衡」の元になった「合従策」と「連衡策」。

今の中国を秦と考えるとわかりやすい。
戦国時代末期、強大化した秦。
その秦の力を抑える為、秦以外の諸国は共同して秦に対抗しようと、秦包囲網を敷きました。
それが、「合従策」。
秦は大国とはいえ、他の諸国が全て敵対してしまっては、さすがになすすべが無い。
困りました。
そして、秦がとった策が、包囲網の切り崩しで、「秦と同盟を結び、秦の力を使って自国の版図を広げませんか?」と諸国にささやく訳です。
秦の外交官が上手くそそのかした結果、対秦包囲網は崩壊し、秦は最終的に諸国を各個撃破し、中国を統一しました。

中国人は歴史を大事にしますから、この戦国時代末期の話は知っています。
面白い事に、今、中国は秦末期と同じように、対中国包囲網を切り崩そうと動いています。
実は、鳩山前首相が「中国包囲網は幼稚だ」なんて発言をしてるのを見て、ふと秦のこの話を思い出しました。

posted by ガネーシャ at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

サンクトペテルブルクに19世紀の宮殿を利用した豪華ホテルが開業

ロシアのサンクトペテルブルクにある、19世紀に建てられた宮殿を改装しフォーシーズンズがホテルを開業しました。
経営するのも、高級ホテルとしてのノウハウを持つフォーシーズンズですから、期待できそうです。
その名も「フォーシーズンズ・ホテル・ライオン・パレス・サンクトペテルブルク」。

サンクトペテルブルクは、ロシアの古都です。
古都と言っても、日本の京都や奈良のような千年レベルではないですが。
近代に入って帝政のロシア領となってから建設・発展した都市で、現在ではロシアの首都モスクワに次ぐ重要都市といえるでしょう。
地図を見れば分かるように、ロシアとしてはヨーロッパに海で出る為の玄関口です。
ソ連時代は「レニングラード」と呼ばれていたので、年配の人はレニングラードでピンとくるかもしれませんね。

サンクトペテルブルクは、欧州の都市らしく、美しい町並みが残る街。
欧州の街のよい所は、町並みの美しさにあります。
日本のように効率一辺倒ではなく、デザインや美しさにこだわった建築物が多い。
一般的な観光名所ではない一般の建物でもそれぞれ、こだわりや凝ったデザインの物が多くて見るものを楽しませます。
初めて欧州に行ったとき、感動した記憶があります。

posted by ガネーシャ at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

インドの集団暴行事件犯人が重体

昨年12月にインド・ニューデリーで発生した集団暴行事件の犯人の一人が、拘留中に重体に陥ったそうです。
拘留中に他の収容者に暴行を受けた可能性があるとして調査中。
この事件では、犯人の一人が既に自殺している。

これは、言ってはいけない話かもしれませんけれどもね。
事件の酷さを考えると、犯人達が楽に自殺や死刑で死ぬというのも、残念な話ではある。
被害を受けて、亡くなった女性の無念を思うと、犯人達は相応の苦しさを感じながら死ぬべきでしょう。
被害者の遺族や被害者の婚約者が、復讐をとげても良いんじゃないですか。
法律がどうとか、人権がどう、そういった話は有ると思いますが、そう言った理屈の話を超えた事件だと思う。

posted by ガネーシャ at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月26日

日本の海外進出は現地の為ではないので綺麗ごとは通用しない

アルジェリアのテロ、人質事件ですが、日本人多数が殺害されるという事態で終わりました。
今、日本企業・日本人は世界各地に赴いてビジネスを行っており、中には政情不安・治安の悪い場所もある。
そういった駐在員は、高い塀に囲まれた居住エリア、24時間警備員が居る場所に住むというケースも良くあります。

「現地の発展の為にも日本人がビジネスをしている」と言う人がたまにいますが、実情はなかなか複雑な事が多い。
必ずしも、日本企業・日本人が現地でクリーンなビジネスをしているとは限らない。
石油や鉱山などの資源掘削などの場合、現地の環境破壊に対する反対運動や、先祖代々の土地を異国の人間に荒らされると言う反感などで現地の人間が良く思っていないケースがまま有る。
これに過去の戦争や宗教対立などが複雑に絡み合うと、何かと問題が起こりやすくなる。

「現地の(経済)発展」というのも、日本人の綺麗ごとの部分も有る。
日本人は、「金」で物事を計りがちですが、外国では金と同じか、それ以上の価値を「伝統」「風習」や「宗教」が持っているケースがある。
そのため、「金」「経済発展」を”餌”にして交渉をすると、現地の人が激怒するケースも有る。

日本人とは価値観も道徳観も違う海外でのビジネス、難しいものです。

posted by ガネーシャ at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

ブラジルで美尻コンテスト

ブラジル・サンパウロで美尻コンテスト開催。
ブラジル国内から、美尻自慢が一堂に会した。。。

肉付きの良い美尻がいっぱいです。
体型が痩せ型ではない、女性らしいふくよかさ。
僕も、あんなりスマートすぎる女性は苦手なんですよね。
日本人は、標準よりも痩せ型を皆さん目指しているようですがね。



posted by ガネーシャ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

中国で反日デモ活発化

尖閣諸島を巡る問題で、中国では反日デモが活発化。
日系企業のの商店が暴徒に襲われたり、工場が放火されたりもしている。
人的被害も出ていて、日本人が襲われる被害も。

なんとも下らない事をしてくれる。
もうちょっと、平和的に行動出来ないものだろうか。
商店を襲ったり、放火したりでは、もうデモとは言えない、暴徒だね。
中国政府もこういう暴徒を鎮圧できないと言うのは恥ずかしい話だ。




posted by ガネーシャ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

男性もアンダーヘアのお手入れの時代か

ファッションとか流行に敏感な女性ではご存知の人も多いように、最近は日本人女性でもアンダーヘアのお手入れの時代に成ってきました。
単に水着を着る前の「水着からはみ出ない為」のお手入れでは無いですよ、もっと本格的なお手入れです。
人によっては、完全に無毛にする人も居るようですね。
欧米で21世紀に入って急速に流行り始めて、それが日本にも伝わってきたようです。

欧米では、女性に留まらず、男性もアンダーヘアのお手入れが流行の兆しを見せているとか。
男性用のワックスが流行し始めているんだそうです。
美容サロンでは、男性の脱毛・除毛のお客が増えているんだとか。

日本では、まだまだ下半身に海苔をベタとくっつけたような女性もまだまだ多いですが、さてどうなるか。
個人的に一人の男性として思うの事は、完全に無毛にするのはどうかと思いますが、あまりに濃い人は考えた方が良いかも。。。
一方、男性のアンダーヘアのお手入れですが、女性はどう思うのかな。




posted by ガネーシャ at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

軽い気持ちの一夜の恋のつもりがえらい事に

ドイツで起こった事件。

43歳の男性が47歳の女性とバーで知り合い、そのまま女性の家に行き、ベッドへ。
とまあ、ここまでは良い。

ところが、この女性、とっても性欲の強い女性で男性に求め続けた。
一晩で”数回”のメイク・ラヴの後、女性はそれでも満足できずにさらに求めた。
男性は、頑張って、さらに”数回”それに応じた。
数回の後、さらに数回、この即席カップルは励んだ事に成りますが。。。

しかし、この女性、「数回×2」の後でもまだ満足できずに男性に求めた。
さすがに男性は、もう無理だと家に帰ろうとしたが、女性はそれを許さず、男性を家に帰さない。
困り果てた男性は、文字通り「逃げ出し」警察に駆け込んだ。
女性は性的暴力と不法拘束の容疑で起訴される可能性があるとか。

いやぁ、突っ込みどころ満載でしょ。




posted by ガネーシャ at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

タイの水かけ祭りで水をかけあうカワイイ女の子たち

タイは暦が、4月に正月になっています。
太陽暦でも、旧暦でもなく、4月の13日から15日が正月と決まってます。
面白いね。

そのタイの正月は、ソクラン(ソンクラン)とも言われますが、その時に人々が水を掛け合う「水掛まつり」が有名。
気をつけないと、その気が無くても水をかぶるハメになるので注意。

写真ではかわいい子が水を掛け合ってますね。
これ、本当にただの現地の女の子でしょうか?
それにしては、ちょっとかわいすぎな気がしますけど。
観光行事的に、かわいい子を雇って華やかさを演出してる感じがしますが。




posted by ガネーシャ at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

中国の友人にメシをおごる

先日、中国人の友人が出張で日本に来ましたので、久しぶりに会いまして、色々と話をしてました。
テレビや新聞の「利害が絡んだニュース」では無い、生の現地の人の話と言うのはとても勉強になった。
いきつけのお気に入りの店に案内して、たらふくメシを奢りました。

相手は中国人なのですが、付き合いも長く良く知った友人なので、日本の風習も知っている為に、こっちも気が楽。
彼は、一部の偏狭な日本人が中国人に対して抱くステレオタイプ的中国人とは180度違う、知的で教養の高い人間です(中国人も上から下まで幅が広いんよ)。

実は、中国と日本では食事や接待の風習が違うので困る時がたまにある。

例えば、面白いのは、中国はあんまり割り勘と言う考え方が無い事。
日本では「借りを作る・借りは直に返す」って考え方ですが、中国人は違います。
「貸し借りを積極的に作り関係を深める」と言う考え方ですね。

今回、中国人の友人が日本に来たので、僕が「俺が奢るよ」と言う訳になります。
友人は「ありがとう!」と言うのが自然の流れ。
そのかわり、僕が中国に行ったときなんかは、その友人が「美味い店につれて行ってやるよ!」となって奢ってくれます。
この「奢り、奢られ」の関係を往復させて、一緒に会食する機会を作るのが中国流と言えるでしょうね。
特に、中国人の中でも教養の高い人間と言うのは、義理に厚い人間が多い為に仲良くなると何かと気にかけてくれるので有り難い。

個人的には、この「奢り・奢られ」文化は中国文化で好きな文化です。




posted by ガネーシャ at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

ニューヨークのストリップハウスでした美味しい体験

昔、ニューヨークに行った時、現地の人にストリップハウスに連れて行ってもらったんです。
とっても良かった。
美味しい体験が出来ました。

って、書くと変なことを想像したでしょ!

ニューヨークのストリップハウスって言うのは、実は「Strip House」って言う「ステーキ店」なんです。
ニューヨークでは結構有名なステーキ店。
お店の雰囲気は、確かに妖しいストリップのお店っぽいんですが、正真正銘のステーキ店で、しかも美味い。
お店の妖しい雰囲気と、アメリカンな無愛想だけどガッツリ美味しいステーキとが何故かマッチする不思議な空間です。
ニューヨーク以外にも、確かラスベガスなんかにも有ったはず。

キャサリン妃の親戚がニューヨークでストリップって記事を見て、ふと思い出しました。
自分にとっては、ニューヨークのストリップと言えば、ステーキ!





posted by ガネーシャ at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

セント・パトリック・ディ 3月17日

欧米では、3月17日はセント・パトリック・ディと言う祝日の日。
これは、キリスト教の聖パトリックと言う偉い宣教師をお祝いする日です。

特に盛大に行われるのは、聖パトリックに縁の深いアイルランド。
それと、アイルランド系移民の多いアメリカとか、カナダとか。
かなり盛大なお祭で、緑色のビールを飲んだり、みんながみんな服が緑だったり、川を緑色に染めたりとすごい事をする。
緑が、セント・パトリック・ディのシンボルカラー。

もしかしたら、クリスマス、ハロウィンと日本で定着しましたので、数年後にはセント・パトリック・ディも流行るかも?

イギリスでは、アイルランド近衛連隊(アイリッシュ・ガーズ)にシャムロックを付けられるキャサリン妃。
名前が「アイルランド近衛連隊」だからと言って、アイルランドにキャサリン妃が行ったという訳では有りません。
アイルランド近衛連隊は、あくまでイギリスの近衛です。





posted by ガネーシャ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

英国キャサリン妃の親戚がストリップで脱いじゃった

昨年春に結婚して話題になった英国のウィリアム王子とキャサリン妃。
そのキャサリン妃の親戚カトリーナ・ダーリングさんが、ニューヨークのクラブでストリップショーを披露。

キャサリン妃の親戚と言うのも本当らしく、顔立ちも何となく似ている、ような気がしないでもない。
キャサリン妃そのものは、一般人の家系ですからまあ、こう言うことも有るかと。

そう言えば、キャサリン妃の妹だか、姉だかにポルノ作品のオファーが来ていて、製作者側は莫大な金額を提示していたらしい。
でも、話題になっていない所を見ると、オファーは来たものの、本人が拒否したのでしょう。
まあ、当然ですけど。





posted by ガネーシャ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

ウクライナの美女がヌードでプーチン氏に抗議

お久しぶりです。
ちょっと、旅行に行っていて、今日帰って来ました。

ロシアの選挙ではプーチン氏が勝利しプーチン大統領が誕生する見通し。
そこに、やはり出てきたのが、ヌードで抗議の「FEMEN」。
今回も、ウクライナ美女が、大サービスで美乳をさらけ出している。
いやぁ、小さくも無く、大きすぎず、何とも良い美乳ではありませんか。
でも、よく見ると若干小ぶりな気も。。。

欧米人と言っても、みんなが胸が大きい訳ではないですから。
案外、B位のカップの欧米人女性は多いですよ。
胸のサイズ的には、日本人も欧米人にかなり近づいている。
最近の若い女の子なんて、本当にそう思いますよ。





posted by ガネーシャ at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

河村名古屋市長の南京事件否定発言

名古屋市の河村市長が、南京事件について「無かったと思っている」と発言してしまった。。。
当然、中国側は不快感を表明している。

まったく、何をやっているんだか。
別に、個人でそう思うのは勝手なのですが、公人である立場で自分の発言によって多くの人々が困ったり、怒ったりする事を市長なら考えて欲しいもの。

中国人との付き合いでは、「言いたい事を言う」のは良いのだが、河村市長が根本的に間違っているのは「中国の立場を無視してメンツを潰してしまった」事。
河村市長は、公の場で中国にコレを言ってしまったからダメなんです。
これじゃ、中国は怒らざるを得ない。

少なくとも、この部分は、中国も「日本が認められない」部分がある事は知っている。
だが、あえてそこは見てみぬフリをしている。
つまり、棚上げにしている。
なぜかと言えば、お互いに「俺が正しい、お前の考えを改めろ」とやると話が先に進まないから。
しかし、当然、日本側が中国の我慢できない部分に突っ込めば、中国側も看過できない。
当然の事。

名古屋は、中部経済圏の要。
当然、中国と付き合いの深い企業も多い。
中国が態度を硬化すれば、財界から、河村市長への突き上げが来るのは目に見えている。
そうなれば、河村市長は何らかの釈明に追い込まれる可能性も高い。
逆に、中国側が折れる事はまず無い。
良くて、沈静化を待って話を無かった事にする位のもの。
一部の愛国心しか頭に無い残念な連中からは英雄視されても、実際問題としては困る人の方が多いのです。

なぜ、負ける分の方が多い喧嘩をするのか。
負ければ、負けた分、相手に押し込まれるのに。
こう言うところが、現実が見えていないし、交渉下手だなと思う。




posted by ガネーシャ at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

習近平中国国家副主席とオバマアメリカ大統領の外交

アメリカを訪問した習近平中国国家副主席。
見ていると、中国人の交渉のやり方の典型だと分かる。

習近平は、あくまでアメリカとの友好関係を強調する。
これは、建前ではなく本音でしょう。
中国にとって、アメリカは敵ではなく、台湾やチベットなどに介入さえしなければ友好関係を築きたい相手。
中国も少なくとも今は、アメリカに勝てるとは思っていない。

しかし、習近平は、「貴国(アメリカ)と仲良くしたい」と言いながら「(でも)〜してくれ」と率直に気持ちと要求を出す。
相手が、簡単に飲めないであろう条件でも。
ここが日本人の出来ないところ。
どうも日本人は「貴方と仲良くしたいから、貴方のして欲しい事をしてあげる」と言う「先に相手を喜ばせる」国民性なんだと思います。

習近平とオバマ、この二人のやり取りを見ると面白いのですが、お互い共通しているのは「仲良くしよう」と言う所なんです。
そして、「〜頼むわ」、「〜頼むわ」とお互い要求し有って話が終わる。
特にその要求が合意されるという訳でもないですが、主張はしておく。
この主張合戦で、お互いの問題点が明確になり、交渉の余地が出来る。
両国が譲れない線なら、あえて棚上げにするという事も出来る。
その棚上げした事に関して、グジグジ未練たらしく言わない。

中国人は、7割から8割位はノンビリして、おっちょこちょいで単純・素朴な人達ですが、上層部の人間は非常に能力が高い。
対人交渉力が高く、商才も有る。
最近は、海外に留学して知識や教養を積んだ人間が中国でも増えてきて人材レベルが更に上がっている。
色々なスキル、能力で中国人の上2割は、日本人の平均以上です。
日本も何時までも余裕でいたら、確実に負けます(GDPではもう負けましたが)。
自分のビジネス上の経験では、そうですね。

posted by ガネーシャ at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

意外に世界では嫌われない中国・中国人

どうも日本人には理解しがたいのが、中国・中国人だとは思います。
特に、友人やビジネスパートナーとして中国人と接した事の無い日本人は、中国の事を理解しにくいと思う。

中国人は、何でも主張したい事を主張する。
要求は全て出す。
これを見聞きして日本人は、「ずうずうしい」とか思う訳です。
私も、日本人だから中国人の友人のコレを時々「メンドクサイ」と思う。
もちろん、相手が中国人であれば、こちらも対中国人モードで話をするのでそれは良いのです。

ただ、この「中国人の自己主張の強さ」をもって中国人がダメな人々だと言うのは、実は違う。
なぜかと言えば、どちらかと言えば、こっちの「言いたい事は言う」と言うのが世界ではスタンダードだからです。
逆に外国人から、日本人が「言いたい事を言わないで、腹の中で根に持つ」と嫌がられる事も多い。
その為、案外日本人が思うほど中国人のこう言う性格は海外では嫌われていない印象がある。
外国でビジネスをしていた頃に感じた印象です。

逆に、欧米人は中国と言うものを案外「偉大な歴史ある大国」として敬意を持っている人間も多い。
欧米人は、こう言う一面を持っていて、近年の経済発展は、つまり「かつての大国が復活した」と言う考えを持っている。
「手強いライバル」になってきたが、「嫌いではない」と言う。
これは、アメリカ人の友人が、そう話していて納得した事です。
ちょっと、日本人には分かりにくいですが、欧米人の面白い一面だなと思います。





posted by ガネーシャ at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

習近平は手強そうな人間だ

中国で、次期最高指導者となる事がほぼ確実視されている習近平国家副主席。
アメリカを訪問して、中国の次期最高指導者としての挨拶と言う感じか。

この習近平と言う人、かなり手強そう。
何が手強そうかと言って、この人は生まれこそ高官の子でエリートだが、その後大きな挫折を経ている。
文化大革命で父親が追放され、そのあおりを受けて自分もエリートの座から追われる。
田舎に追放され、自身も農作業に追われる毎日を過ごしたとか。
その後、復権を果たして政治家としての頭角を現し、ついには次期国家主席、最高指導者の最有力候補にまで上り詰めた。

「挫折から復活した」と言うのが、恐ろしい。
こう言う人間は、本当に強い。
伝わってくる人柄を見ると、中国人らしい「言いたい事は遠慮なく言う」人物で日本の外交でどれだけまともに対応できるか心配。

とは言え、実利的な面、開放的な面も多分に持っている人間のようです。
アメリカの映画を「面白い、好きだ」と答えたり、そういった率直な面も持っている。
手強い相手でしょうが、上手くやれば折り合いは付けられる、話せる人間では有るでしょう。





posted by ガネーシャ at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。