2012年03月07日

温泉に入りすぎて下の毛が!

先日、温泉に滞在しておりまして、温泉にゆったりつかってました。
部屋数の少ない宿ですので、人が少なくてゆっくり出来て良い場所。
会社の慰安旅行客も、外国からの団体さんも居ない。

真昼間から、温泉に入って、のんびり。
聞こえるのは、湯船に注ぐお湯の音と何所かでさえずる鳥の声。
ポカポカに火照った体に、キンキンに冷えたビールが最高。
これが有るから、日本から離れたくない。
時間とお金に余裕が出来る投資家業の特権と言えるでしょう。

さて、家に帰ってふと気づいたのですが、体毛の色が薄くなっている気がする。
下の毛が、「黒」から「茶髪」になっている気がするのです。
温泉の泉質の影響で、どうも色が抜けたのでは無いだろうか。
面白いもんだ。



posted by ガネーシャ at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

イチゴが美味しい

イチゴの季節になって、イチゴが美味しい!
僕はね、ヨーグルトと一緒に食べたりするのが好き。
ヨーグルトの酸味と、イチゴの甘酸っぱさが良い具合にマッチする。
もちろん、そのままも美味しい。
練乳なんて必要ないよ。

やっぱり美味しいのは、ちょっとお値段がするものだけど、スーパーの390円のパックも悪くは無い。

徳島県佐那河内村産 ももいちご 28粒 希少価値あり!爽やかな甘さと果汁タップリのジューシー感が大人気! 発送:2月下旬〜3月中旬の間 ホワイトデーのギフトにおすすめ! 【Fo_3/4_7】

まあ、物は試しで、一度これ位のイチゴを買って食べて見なされ。
確かにスーパーのイチゴも美味いのですが、このクラスになると、甘みが全然違う。
何かのお祝いとか、ここ一番の時なんかでもね。
個人的に僕は、このモモイチゴが好きだ。

味とお値段のコストパフォーマンスが一番高いのが、一粒100〜200円程度のものかと思う。
味も十分に美味しいし、お値段も強烈に高くは無い。



posted by ガネーシャ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

過剰な愛国心やナショナリズムは脱落者の逃げ場

どの国でも過剰な愛国心やナショナリズムと言うのは存在します。
欧州だって、アメリカだってそう。

中国にしても、韓国にしても、そして日本にしても、見ていると過激な愛国心やナショナリズムに走る人は社会的に脱落してしまった人が多いように思います。
中国に関して、反日デモの話が出ますが、あの連中はほとんどが中の下の社会階層に属する人々です。
能力や才能が劣っていて脱落してしまって、仕事も出来ず、金儲けも出来ない人間の最後の拠り所に愛国主義とか、ナショナリズムがなっている現実が有ります。
自身の不遇のストレスの発散となっている。

実は、中国で反日デモが起こっている時でも、普通にビジネスで中国人と商談をしていました。
当然、我々日本人とビジネスで接する中国人は、中国の中でも中より上の階層です。
そんな中国人が言った言葉が忘れられない。
「あいつら(デモの人々)は落ちこぼれの暇人だから、気にしないで下さい」と言う様な事を話していたです。

日本も似たようなものでしょう。
残念ながら、社会は誰でも上手くビジネスが出来る、商売が出来るという訳ではない。
日本も競争社会ですから自然と、重用される人間、切られる、脱落する人間が出てくる。
そもそも、就職活動の段階で全く企業から正社員として採用されない人も居る。
でも、やっぱり人間ですから自分が可愛いし、自分がダメな人間だと思いたくない。
そう言う時に心が弱い人間は、自分が優れていると納得させる為に国籍や人種を拠り所にして逃げてしまうように思います。
努力して自分を高める人は、そんな所には逃げないでしょうが、やはり人間は弱い生き物ですから。
そんな残念な昔の友人を見てしまって悲しくなりました。

基本的に、自分はこの手の愛国心多すぎ、ナショナリズムに凝り固まった人間は大嫌い。
でも、可愛そうな気もするのです。
もし、若い人は、今自分がダメでも、こんな所に逃げではダメです。
自分を高める事で人生にチャレンジする事です。



posted by ガネーシャ at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

コショウはミルで砕いて使うと良いよ

料理って、素材の良さが非常に大事なんですが、調味料ってのも大事。
料理が下手な人は、調味料の使い方が下手な人が多い。
塩とか、コショウとか、醤油とか、少なくしすぎなんです。

コショウなんですが、スーパーで買ってきた小瓶に入ったコショウが有りますよね?
あれは、悪くは無いのですが、どうしても風味が抜けてしまう。
その為にミルで使うたびに、使うだけ砕いて使うと良い。
風味が全然違います。
ちなみに、これはコショウだけではなく塩も有って、岩塩を使うたびに砕いて使う物も有ります。
コレだけで料理の風味がかなり変わってくる。

アクリルペッパーミル S / 佐藤金属興業

こう言うヤツ。
これは、ハンディタイプ。


PEUGEOT ペッパーミル チョコレート 18cm 870418 / PEUGEOT (プジョー)

キッチンなどで、本格的に使うならこっち。
別に、シェフのようにカッコを付けるのではなく、本当に料理の味が引き立ちます。
プジョーは、この様なミルで有名なメーカー。
ちなみに、車のプジョーと同じ名前ですけど、、、実は意外な事に同じ会社。
posted by ガネーシャ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

中学の時の同級生にマルチを誘われる

少し前、偶然に中学時代の同級生と超絶久しぶりにバッタリ会ったのです。
近所に住んでいて、顔見知りだったのですが、高校・大学と成るうちに余り会う機会がなくなっていた。
そんな人と、久しぶりにバッタリと会って、「ちょっとお茶でも」と自然な流れに成った。

「久しぶりだなぁ、今何してるの?」と聞くと、その友人は「事業をやっている」と言う。
僕は、「それはすごいなぁ」と感心。
どんな事業でも、自分で事業をやるというのはとってもスゴイ事だと僕なんかは思います。

でも、話の内容がどうも世間知らずなんですね。
話の内容や知識が、とっても薄くて事業をやっているとはとても思えない。
僕は、胡散臭くなっていました。
そしたら、その友人がおもむろに、「投資しないか」と言い出すんです。

こうして、株や為替で食ってる人間相手に「マルチ商法に投資」を持ちかけるんですよ。
相手が悪すぎるでしょ。

あぁ、やっぱりなと思いました。
真っ当な事業で、事業内容を聞いて、投資、出資と言うなら当然考えます。
それどころか、良い話ならこっちから、投資させてくれと頼むくらいのもの。
長年会ってもいない友人に、久しぶりに会って「投資しないか?」なんて有り得ません。

当然、丁重にお断りさせていただきました。
う〜ん、なんだかなぁ。




posted by ガネーシャ at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

現実逃避型日本人が日本を壊す

最近、どうも日本人が現実逃避していると感じるんです。
GDPで中国に抜かれましたよね。
これは一つのイベントに過ぎないのはそうなのですが、象徴的な出来事です。

最近、中国は延びてきた。
そして、韓国も日本に追い着こう、追い抜こうと必死です。
でも、不思議な事に、日本人は中国も韓国も「勝てる」とたかをくくってる。
何時までも、ドン臭い、抜けてる、そんな中国・韓国のまま成長しないとたかをくくっている。

さっきも、「中国人の上2割の層は日本の平均より能力が上」と書きましたが、既に中国で経済や社会を引っ張る中国人の能力は日本人平均より上です。
そんな人々が実際の中国を動かしている。
韓国だって似たような感じです。
問題を多く抱えながらも、成長している。

確かに、中国・韓国はまだまだ日本に及ばない面も有る。
しかし、上2割の層は、それを知っていて、日本に追い着こうと努力している。
そして、それが実を結び、中国も韓国も世界における地位を増すことに成功している。
一方で、日本は過去の栄光にしがみついて、「しょせん中国・韓国、いざとなれば日本は負けない」などと現実逃避をする。

昔から、この現実逃避タイプの人間は日本にも居ましたが、最近はそれが増えつつある気がする。
このタイプの人間が、日本を沈滞させ、壊すのだろうと、思ったりします。
posted by ガネーシャ at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

アホでも良いじゃない

先日、ある人と会ったのです。
その人は、とっても口下手で他人と話す事が苦手。
話が続かない。
ちょっと「大人でコレは・・・」と思うレベル。

思うんですが、そう言う口下手、コミュニケーション能力が低い人って、自分を守りすぎていると思うんですね。
要は、自分の無知、アホさとかを相手に知られたくない、思われたくないんじゃないかと。
だから下手に自分の思う事を表に出せないし、当たり障りの無い面白くない事しか言えない。

自分なんて、アホですから、知らない事はすぐに聞く。
自分が知らない事を恥ずかしいとは思わないから。
口癖が「おお、なるほど、ひとつ賢くなった!」です。
だからよく人に聞くのがすき。
タクシーに乗ったら運転手に色々聞く。
散髪屋に行ったらマスターに色々聞く。
ちょっと何かに詳しい人がいたら、その詳しい分野について聞けたら凄く楽しい。

今の自分が、例えアホでも、無知でも良いじゃない。
まず、今の自分の状況をしっかりと見つめ、一歩ずつでも少しずつ前に踏み出せば良いんですよ。




posted by ガネーシャ at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

変なもんを食いたくなかったら札でランチを食え

自分は、ブログでは本音で書きますのではっきり言います。

良い物、材料は国産で、プロが作って、そんな物を食べたいならちゃんとお札単位で会計するって言う当たり前の金銭感覚は持つべきです。
ちょっと最近の日本人は、無茶を言いすぎる。
千円以内で食える料理に何を期待しているのだろうかと思う。
食事するのに予算が千円以内、でも中国産や韓国産の輸入食材は嫌だとか、聞いてるこっちがイラッとする。
千円以内で国産で良い物を食うなら、お好み焼き位なもんです。

自分は、商社の食品部門に居たので食品の事は色々と思う事がある。
今の日本人は、金銭感覚がおかしい。
「良い物には相応の対価を払う」って言う当たり前の感覚が抜け落ちていて、値段を見て即「高すぎる」と言う。
それでいて、「国産食材利用の美味しい安全な物が欲しい」と言う。

はっきり言えば、千円以下しか払えないなら、中国産や韓国産食材のご飯を食べてください。
「金が無い人は不安な食材を食べろ」と言うのかといえば、「そうです」としか言いようが無い。
だって、千円なんて1時間少々バイトしただけでも稼げるでしょ。
さすがに千円程度出せば国産食材を使ったランチは食べれます。
そんな少しの努力をしないで、それでもいいものが欲しいと言う根性が間違ってる。

不景気だからとか関係ない。
「よい物には相応の対価を払う」と言う当たり前の価値観は大事だと思う。




posted by ガネーシャ at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

欧米と日本の失敗論

失敗、間違いに関して、欧米と日本とでは少し考え方が違う。
日本は「失敗を極めて嫌う」考えの国民性で、欧米人は「失敗する事もある」と考える国民性。
だから、時々日本は「前段階の人間の仕事の失敗を考えない」設計をやってしまう。
失敗、誤りを前提にして考える事を、ネガティブだと考える傾向が有る。
最悪なのは「最初から失敗を考えていたら、成功する物も成功しない」などという正体不明の精神論。

これは、おそらく民族性の違いで、宗教的な側面も大きい。
欧米人はキリスト教的な文化側面を持ち、「人間が唯一絶対最高」だと思って居ない。
つまり、「人間は神の子で、不完全で、間違えたり失敗する生き物だ」と言う考え方をする。
キリスト教を篤く信仰していない人でも、欧米人の考え方にはこの考え方が強い。
この考え方は、自分も欧米人の好きな部分だ。

ところが、日本はそういった側面が希薄だ。
宗教意識が希薄と言う事からかもしれない。
どうも、「人間は最高だ」「日本の技術は最高だ」「日本人なら出来る」「努力すれば失敗しない」と思い込む癖がある。
これは、良い面に働く場合も有るが、無条件にこの思考が暴走するととんでもない失敗を生む土壌になる。
最近の日本で、とんでもない失敗をしている所を見ると、そう思う。




posted by ガネーシャ at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

カツアゲしちゃた

美味しいものは大好き。
中でも好きな料理の一つが、トンカツ。
トンカツ、美味しいよね。
あっさり柔らかいヘレカツも良いんだけど、僕は断然ガッツリロースカツが好き。
ジューシーで脂っこいトンカツを、甘辛いソースで食べる、最高。

今日はちょっと気が向いたので、自分で作ってみました。
何時もは、お店で食べる事が多いのだけど、作ってみたくなって。

いやぁ、揚げ物は難しい。
プロみたいに、上手く揚がらない。
ついつい「豚肉だからしっかり火を通さなければ」と思って揚げ時間を長くしすぎてしまう。
その結果、ジューシーさが落ちちゃうんだよね。
でも、美味しく頂きました。

ん?カツアゲって、トンカツのカツを揚げる事だよ。
変な勘違いしないでね!




posted by ガネーシャ at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風呂で溺れそうになる

お風呂に入ってるとウトウトすることありますよね。
さっきも、ついウトウトしてしまった。

昔、仕事が忙しい時、一日16時間以上労働がずっと続いた頃、午前1時すぎに風呂に入ってました。
疲れに疲れ、お湯につかって、目をつぶるとストンと眠ってしまった。
次に記憶が戻った時には、鼻から水が入って来た瞬間。
「グバッツ!グハアアア!」と咽て立ち上がろうとしようにも、頭が寝てるので体が上手く動かない。
何とか、命からがら湯船から脱出出来たので良かったのですが、下手をしたら次の日の新聞の片隅に「会社員 風呂で溺死」と記事になるところでした。
本当に、死ぬかと思った瞬間でした。

お風呂で溺死する人も案外多いようですから、ご注意を。




posted by ガネーシャ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

スポーツクラブのフロントの子が可愛くなった

最近、自分の行っているスポーツクラブのフロントスタッフの子に可愛い子がいる。
何となく、行くのが楽しくなってきた。
と言うのは言いすぎですけど。

可愛い子と言えば、このスポーツクラブは、昔プールの監視員の女の子が可愛かったのだが、少し前に辞めてしまったのか見かけなくなった。
残念な事だ。
本当に申し訳ないのですが、何気に引き締まった美しいボディをチラ見してたので。
スミマセン、本当にスミマセン。。。

だってさ、スポーツで鍛えられた肉体と言うのは、ついつい見とれてしまう美しい物ですよ。
スレンダーなボディと言うのも良いですが、少し筋肉が付いた女性のボディと言うのも、美的に美しい物です。
見るなと言う方が、無理。
男性諸君は、そういう人多いんじゃない?




posted by ガネーシャ at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

銭湯やスパに父親に連れられた幼女が来るとこっちが恥ずかしいね

寒さに負けて、近くの温泉スパによく行くのです。
そしたら、たまに、父親に連れられた幼女が居るのです。
年齢は、幼稚園位かな。
当たり前ですが、男湯でも父親に連れられた幼い女の子なら性別は女でもOKな訳です。

そして、その女の子は裸です。
風呂なんですから、当たり前です。
そして、さらに当たり前ですが、こっちもそんな幼女に変な気も起きません。
でも、なんだかこっちが恥ずかしくなるね。

そう言えば、自分も昔、幼い頃母親に連れられて女湯に入ってたな。
父親は、仕事が忙しくてあんまり家に帰って来れない人だったので、旅行はよく父親無し、男は自分ひとりって状況でした。
ギリギリ女湯に入っていた記憶が有る。。。
あの時、女湯の女性達も、同じ気持ちだったのだのだろうか。




posted by ガネーシャ at 00:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

商社ってよくワイロを渡すの?

丸紅のナイジェリアでの賄賂事件。
海外での取引経験が多い人なら、「まあ、良くあることよね」って話になる訳ですが。。。
じゃあ、商社(海外取引事業者)ってよくワイロを渡すのかと言う話。

はっきり言えば、金品を渡して交渉を円滑に進めるというのは良くある。
「賄賂」「ワイロ」と書きますと感じが悪いですが「贈り物」「プレゼント」感覚ですな。
直接に交渉相手に渡す事もありますし、その妻や子供に渡す事も多いです。
物である事はもちろん、接待も年中やります。
ある意味、こういう細やかさは日本人の特徴でしょうかね。

金額も、例えば大手総合商社になれば巨額に上ります。
まあ、それをはるかに上回る売上、利益が有るのですが。
当たり前の事なので、事前に予算はある程度有りまして、ある程度の部門長に決済権が有ります。
部門長から「この程度ならその場で即OKしろ」と言うのがあって、社員もホイホイと出します。

交渉相手の何か「欲しい」と言う話には敏感に感じ取る。
例えば、奥さんが「日本って良い国ね。行って見たいわ」と言っていたとすると、即「宜しければ、ご案内しましょう」と言う話になる。
旅行券、ホテル、日本での案内の手配などササッと済ませてしまう。
そうして、交渉を有利に進める訳です。

ただ、国の政府関係者に渡す事は、法的に違法になる事が有るのでNGです。
「基本的」にはNG。
僕?
自分はやってないですよ。
同僚から聞いた噂話です。




posted by ガネーシャ at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

丸紅、ナイジェリアへの賄賂がばれて怒られる

ナイジェリアの潜在能力に関しては、少し前に書いたとおり。
天然資源に恵まれており、潜在的に延びる余地は大きい。
しかし、国内がゴタゴタしていて安定していない。
今年に入ってからも、産油国でありながら燃料価格が異常に高騰して民衆が怒るというニュースがありました。

そのナイジェリアを舞台にした贈収賄が表に出てしまった。
お金を出していたのは丸紅で、ナイジェリアの高官に相当額が渡っていたと見られます。
表面的には丸紅なのですが、その後ろに居るのは、フランスのテクニップ、イタリアのスナムプロゲッティー、アメリカのKBR、そして日揮。
これらが、ナイジェリアのLNG事業に関して事業を進める上で丸紅が窓口となり、ナイジェリア政府高官に根回しをしていたと。

まあ、良くある話です。
商社マン、海外と取引のある人なら、誰でもニヤニヤする話。
アフリカやアジアなんて、賄賂、贈収賄天国ですから。
給料よりも賄賂の収入のほうが大きいなんていう公務員がゴロゴロ居る国も有ります。
丸紅も、和解金を支払ってはいますが、そんな悪びれるふうも無く、ペロッと舌を出しているでしょう。
今回、アメリカの司法省が摘発したようですが、そのアメリカは国単位で贈収賄、賄賂をやってるのにね。





posted by ガネーシャ at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

昨年「女性器カレンダー」を発表したイタリア写真家トスカーニ氏が今年は「男性器カレンダー」を発表

昨年、女性器のアップをカレンダーとして発表し、物議を醸したイタリアの写真家オリビエーロ・トスカーニ氏。
今年も同じく、女性器カレンダーをやるのかと思ったら、今度は男性器カレンダーを発表。
この発表会に出席した女性からは「去年は女性、今年は男性だから平等」と言う面白い意見も。

昨年の女性器カレンダーは、直立した女性の股間部分を前から撮影した物でした。
女性のヘアー部分はよく写っているのですが、女性器そのものははっきりとは写ってません。
上手い具合に、大事な部分はヘアーではっきりとは見えないようになっていて「女性器カレンダー」と言うより、女性アンダーヘアーカレンダーみたいな感じ。

今年の男性器カレンダーに関しては、まあ、同じ構図ですから普通にそのものズバリ。
女性と違って、男性は前に付いていて、外にぶら下がってる訳で、完全に男性のシンボルが写ってます。
人種も、形も色々。。。
記者会見の写真で、スライドを投影してますが、あれがその男性器カレンダーの一枚。
なんか、ぼんやり写ってるような。。。






posted by ガネーシャ at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

クリスマスが終わると鶏肉が安くなる

さっき、家に帰る前にスーパーに寄ったら、鶏肉が安くなってた。
絶対、昨日のクリスマス用の残りだ。

普通、こう言った行事事では、スーパーなどの小売店で売れる商品を大量に仕入れます。
大量に仕入れた場合、売れ残りリスクが発生する訳ですが、クリスマスにしても、バレンタインのチョコにしても、「売れ残り<品切れ」です。
つまり、多少売れ残っても、品切れするより良いと言うのがスーパーなど量販店の基本戦略です。
なので、この様な行事事は必ず売れ残りが出て、値下げ販売が行われる。

一瞬買おうと思ったけど、昨日はケンタッキーのチキンをたらふく食べた関係で、ちょっと苦しい。
おそらく、クリスマスは一年で一番ケンタッキーが忙しい時なんじゃないだろうか。

僕は、基本的に鶏肉が好きな性格なもんで、色々食べます。
やっぱり、基本は焼き鳥ですかね。
炭火で香ばしく焼いた焼き鳥、最高です。
お気に入りのお店は、人気メニューに鳥釜飯が有りまして、それと焼き鳥を適当に頼んで食べる。
これが美味いんですよ。

posted by ガネーシャ at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

USBから充電できる電気式のカイロはなかなか役に立つ

友人の女性が、寒い寒いと何時も言っていて「でも使い捨てカイロって何だかもったいない」と言ってまして、プレゼントしたのが電気式のカイロ。

この電気式のカイロの何が良いかと言って、USB経由でパソコンから充電できる所。
通勤時にONにして利用し、仕事しながら会社のパソコンで充電しておけば良いんです。
パソコンの私的利用に厳しい会社でも、こんな程度で怒るブラックな所は無いでしょう。

気になる暖かさなんですが、小さい割にはなかなか暖かい。
大きさは、携帯音楽プレイヤー位の大きさです。
もっとチャチイかと思ったのですが、意外に暖かくなってくれて良い意味で誤算。
充電回数が公式で500回ですので、寒くなる晩秋から、初春までみっちり使って2〜3シーズンは使えそう。
普通の使い捨てカイロって、一個200円位しますが、充電式だと2300円で500回程度使える。
コスト的にも、魅力的な訳です。

自分は寒さに強い性格なので、よっぽど寒い時にしか持ち出しませんが、なかなか便利ですよ。

e-Kairo イーカイロ ピンク / ELAICE  e-Kairo イーカイロ シルバー / ELAICE



下の方は、三洋(パナソニック)の充電式カイロ。
こっちは使ってないので良く分かりませんが、お値段が少し高い。
「多少高くても、やっぱり有名なメーカーの方が良い」と言う人はこっちかな。

充電式カイロ(eneloop kairo)  シルバー KIR-SL2S(S)  型番:KIR-SL2S(S)
posted by ガネーシャ at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

アメちゃんは通貨かもしれない

道に迷っているオバチャンが居たので、道案内をしてあげた。
ちょっと分かりにくい場所だったので、丁寧に教えてあげると、いたく感謝されて飴玉を一つくれた。

オバチャンのカバンの中には、何時も飴が常備されていると言われているのだが、これは事実のようだ。
何かのお礼の時に渡したり、ちょっと一服の時にポンと一個口に入れる。
確かに、甘い物と言うのは、ホッコリする。
手軽なコミュニケーションツールとして、渡しやすいし、受け取りやすいから便利だ。
まるで、アメが通貨のように、オバチャンの中では流通している!



posted by ガネーシャ at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

温泉でカニ食べまくり

土曜から月曜まで二泊三日で温泉に行って、カニを食べまくってきました。
やっぱり、冬の味覚といえばカニだよね。

旅館では、その日の朝に揚がったカニをこれでもかと言うほど料理してくれる。
茹ではもちろん、焼き、刺身、てんぷらとカニ尽くしでどれも美味かった。
やっぱり、獲れたての生のカニは違いますよ。
値段も高いと言えば高いですけど、やっぱり日本の冬と言えばカニ食べなきゃ!

今まで行った中で、お勧めなのは、鳥取の三朝、兵庫の城崎、福井の三国。
どこも温泉と美味しいカニを堪能できる。
大きな宿も良いけど、小さな宿で料理に評判が良い所が良い。
僕の常宿は、部屋が10部屋も無い宿なんですが、料理が抜群に良い。
客の数が少ない方が、仕入れる材料を厳選できるみたい。

みなさんも、今年一年の疲れを、温泉とカニで癒されませ。



posted by ガネーシャ at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。