2011年10月20日

宇治の茶だんごはやっぱり感動的に美味い

和菓子が好きな自分は、団子とか餡子が大好きな訳ですが、京都宇治の茶だんごは美味い。

宇治は、宇治茶の本場で、有名な平等院への参道に多くのお茶の店が軒を連ねています。
平等院へお参りするまでに一回、帰りに一回、必ず何処かの茶屋で休憩して、お茶を頂く。
そのお茶のお供に最高なのが、茶だんごと言うわけ。

宇治でも名店で知られるのが「伊藤久右衛門」でして、ここの茶だんごが美味かった。
絶妙の甘さと、何より抹茶のコク。
さすがに宇治茶の老舗だけあって、良い抹茶をふんだんに使って本物の抹茶のダンゴにしている。
食べてみれば、そんじょそこらで売ってる茶だんごと、全く違う事が分かりますよ。

本当は宇治のお店で食べるのが一番ですが、お取り寄せで食べてみたらやっぱり美味かった。
苦い目に淹れたお茶にピッタリ。
下の写真は10本セットですが、甘い物好きな女子が一人居れば、一日で無くなる。
あと、案外日持ちしない(4日)のと、涼しい期間限定です。

宇治名物 茶だんご10串入り【冷蔵/冷凍商品との同梱不可】§ 京都 宇治のお茶屋作挽きたて抹茶をたっぷり使った濃厚抹茶味です。
posted by ガネーシャ at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

和牛と国産牛の違い

和牛(肉)と国産牛(肉)の違いをご存知ですか?
一見、一緒に見えますが、大きく違う。

皆さんも牛乳を飲むと思いますが、乳牛は牛乳を出すのはメスだけです。
当たり前ですよね。
でも、乳牛のホルスタイン種、つまり白と黒のあの牛、生まれてくるのはメスとは限りませんよね。
雄は何をしていると思いますか?

そう、察しの良い人なら分かりますね。
乳牛のホルスタイン種の雄は、お肉になって私達のお腹の中に入ります。
このホルスタイン種の雄なんかが、「国産牛」になります。

一方、和牛とは、日本で食肉にとても適した美味しい肉の牛。
茶色っぽい毛のあの牛が代表的です。
「黒毛和牛」とか言われるアレで、ホルスタイン種とは種類が違います。
もちろん、ホルスタイン種の「国産牛」よりも、値段も味も一般的に「和牛」が上です。

ホルスタイン種というのは、牛乳を出す事を期待されて生み出されている牛なので、雌ではない雄は基本的に食べられちゃう運命なのです。
ちなみに、雌も牛乳の出が悪くなったら、食べられちゃう運命に有りますので、どっちにしても人間に食べられちゃう訳です。



posted by ガネーシャ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

F1韓国グランプリのレースクィーン達

韓国で行われたF1韓国グランプリ。
レースを盛り上げるレースクィーンもなかなか美女ぞろい。
自分の好みは、この写真の子。
見かけ、ちょいキツメですけどね

韓国もこの頃は日本に追い着こうと必死。
停滞する日本にどんどん肉薄している。
なぜか、根拠無く「日本は永遠にアジアで最高」と妄信している人が案外多いですが、国際的な経済戦争では、日本も韓国相手にかなり苦戦しているのが現実です。
うかうかしてると、日本も危ないよ。





posted by ガネーシャ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月14日

世田谷の放射線は民家に保管されていた古いビンが原因?

東京都世田谷区で検出された、高い放射線。
最初は、福島原発から出た放射性物質が、雨で濃縮されたと思われていたものの、意外な原因が明るみに。

この放射線の犯人は、何と近くの家に保管されいた古いビン。
その家の持ち主すら知らない、軒下に保管されていた古いビン。
そのビンの中に、放射性ラジウムが入っていると見られる。

家の所有者も知らない正体不明のビン。
これ、なんていうミステリー?

ビンは、かなり古いもののようで、かなり前からそこに有ったよう。
家の所有者が知らないうちに、勝手にそこに何者かが置いて行ったのか。
それとも何か理由が有るのか。
う〜ん、不可思議な話だ。




posted by ガネーシャ at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

半殺しの現場を見てしまった

もう秋ですね。
涼しくなって、気持ち良い。
え?何ですか?タイトルの言葉の衝撃と、書いてる内容が違うんじゃないかって?

秋のお菓子といえば、おはぎ。
僕はこのおはぎが好きな人間で、色んな所に買いに行ったりします。
ちなみにおはぎは、秋のものなんですが、同様のものは年中売られていて、食べる事は出来ます。
まあ、ぼた餅ですから。

ある日、ある和菓子屋に行った時、僕は見たんです。
半殺しの現場を。。。

そう、和菓子で半殺しとは、和菓子用語なんです。
おはぎのお餅有りますよね、あれって、中途半端に粒々が残ってませんか?
これがおはぎの独特の食感を生んでる訳ですが、これを「半殺し」って言うんです。
僕もこれを知ったとき、「物騒な言い方ですね」って笑っちゃいました。

昔ながらの手作りおはぎ 天然水使用 8個入り 10P13sep10  お彼岸にはぼたもち♪ 厳選された北海道十勝産あずきをたっぷり使用した、つぶあんのおはぎ !! 10個セット
posted by ガネーシャ at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三千万円のフェラーリを運転してきた

友人のお金持ちの車を運転させて貰いましたよ。
あの、跳ね馬のヤツ。
お車のお値段は、三千万円とかそんなヤツ。

僕は、車は好きですが、「走り」そのものを楽しむってタイプじゃない。
何と言うか、「移動空間」として、楽しみたいタイプ。
楽しく走れれば良いわけで、それで今の車は、某ドイツ車です。
ベンツじゃないよ。

跳ね馬、フェラーリですが、あれはやっぱり走りの車だと痛感しますね。
慣れないと扱いにくいです。
何と言うか「荒れた馬を御する」って感覚で、まさにじゃじゃ馬。
調子に乗ってると、スピード違反でいくらでも罰金を持っていかれそう。
確かに、「走り」って面では凄い車。
しびれるようなエンジン音ですが、驚くほど室内は静か。
これは、車のカタログスペックじゃない造りの問題なんですけどね。

ただ、内装が好みじゃないんですよね。
良いか、悪いかじゃなく、好みじゃない。
まあ、三千万円のフェラーリとか、買えないですけどね。


posted by ガネーシャ at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

子供が「生産」される時代がきそうで怖い

今の生殖医療の力を持ってすれば、特定の男性一人から、数百人の女性を妊娠させる事も可能。
女性は、卵子の数と妊娠期間の問題で、出産できる数に限りが有りますが、男性の場合は精子数を考えるとそれこそ、無限に近い数の女性を妊娠させる能力が有る。
実際、歴史を見れば、大きな権力を持った男は多くの子を残している例は多い。

人工授精は、考え方によっては恐ろしい技術で、子供を文字通り量産出来る技術だと言える。
もちろん、大きな障害が女性の子宮と言う所ですが、人間の科学技術は、近い将来に人工子宮を作り出しかねない。
女性に妊娠期間という問題が無くなれば、毎月成熟した卵子を取り出し、人工授精の後に人工子宮で胎児を育てて出産と言う事も現実となる。

たとえば国や特定の組織が、人道的な面を無視して生まれながらの兵士として育て上げれば恐ろしい兵士と成るでしょう。
一人の男性と、数名の女性が居れば、千人の子供を作り出せる。
本当、SFの世界の話ですが、もうかなりそんな事が可能な時代も近づいているような気がする。

posted by ガネーシャ at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

喉が渇いたので喫茶店に入ったら怖いオッチャンが

ちょっと前、まだ暑い日が続いていた頃の話。
所用を済ませて歩いていた時、喉が非常に渇いた。
丁度近くに、喫茶店があるのを知っていたので、そこでアイスコーヒーを飲む事にしたんです。

たまに行く店なんで慣れたもので、飲み物を注文して、二階の席に行ったんです。
そうすると、ちょっと怖い感じのオッチャンが、思いっきり札束を数えていた。
ぺりぺりと一万円札でしょうかね、数えてたんですよ。
そのオッチャンの前に座っているのは、三十代半ば位の女性。
オッチャンはどう見ても"普通"のサラリーマンには見えない。

一体、何が有ったんでしょうかね?
僕の頭の中では、それこそ、色々なストーリーがグルグル。
「パチンコに狂った主婦が、金貸しに手を出してしまった?」とか、「旦那のこしらえた借金を、身代わりに自分が払った」とか。。。

喫茶店で、人間ドラマを見てしまったよ。



posted by ガネーシャ at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

オーストラリアのビキニの女子達がギネス記録に挑戦

本当、ギネスって色んな記録があるもんだと思うね。
これ、よくギネスって言いますが、あの「ギネスビール」のギネスなんですよ。
豆知識。

今回、オーストラリアの女子達が挑戦したのは、「世界で最も長いビキニ姿のパレード」。
何じゃそりゃと思うんですが、読んだとおりビキニ姿の女の子がどれだけ長いパレードをできるかというギネス記録。
これまでのギネス記録は、英領ケイマン諸島のアマチュア水泳協会が打ち立てた331人と言う大記録。

今回、これまでの331人の大記録に対して、357人のオージー美女が集まり、見事記録更新。
ギネスブックに「世界で最も長いビキニ姿のパレード」として認定されました。

本当、色んな記録がありますね。
これなら、やろうと思えば、直に更新出来そうな気がしますけど。




posted by ガネーシャ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月30日

元彼女の夢を見た

昨夜見た夢なんですが、元彼女の夢。
なぜか、その元彼女とF1をサーキットで観戦してるんですよ。

その元彼女は、色々有って別れたんですが今思えば性格が一番良い子だった。
優しくて、素直で可愛かったし、家庭的だった。
正直、結婚してれば良かったと今でも後悔している。
だから、夢に出てきたんでしょう。
男の未練ってヤツ。

男って、過去の彼女の事を今でも時々思い出す。
たぶん、実際より2割り増し位に美化してね。
男の恋は、「名前を付けて保存」、女の恋は、「上書き保存」とはよく言ったものです。

ちなみに、その子はまだ結婚していないらしい。
そう言う時に、「ああ、俺が忘れられないんだな」とバカな妄想をするのが男の基本パターン。





posted by ガネーシャ at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

女性に股間を殴られる

先日の話。
僕は、人と会う為に待ち合わせ場所へ急いでいた。
繁華街で、人通りが多く、思うように前へ進めない。
でも、待ち合わせ時間には、ギリギリだ。
急いだ。

そして、前を歩く若い女性の横を追い越そうとしたその瞬間、僕の股間に鈍痛が走った。
そうだ、その若い女性が歩く際、勢いよく振り下ろした腕が、僕の股間をヒットしたのだ。

もちろん悪意を持って、僕へ苦痛を与える為に殴りつけた物ではないので、激痛と言う訳ではない。
でも、何と言うか、ジワリジワリとくる鈍痛だった。
僕は、苦痛に耐えながらも待ち合わせの場所に急いだ。
まるでディオニス王に捕らえられている友人を救うかのように。

人通りが多いところで急いで歩く時には、気をつけよう。





posted by ガネーシャ at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

バーベキューシーズン到来

バーベキューって、夏って印象があると思うんですが、ベストシーズンは春と秋ですよ。
確かに、夏って休みが有るので、シーズンな印象ですが、何より「暑い!」。
バーベキューは、火を使うので、暑さがキツイ。
ですので、涼しいシーズンがベストシーズンなんですよ。
まあ、受け売りなんですけどね。

友人に、バーベキュー好きなヤツが居まして、たまに行くんです。
酒弱いヤツに車運転してもらって、バーベキューコンロを持っていく。
↓こんなヤツです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) プレアリーバーベキューコンロ(5段階調節機能付) M-6422 / キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

これを広場(もちろん、バーベキューOKの所)で広げて、炭を熾して肉や野菜を焼く。
このバーベキューの炭火で焼くのも、コツがあるんですよね、これ友人が上手い。
何でも、火力の強い場所と弱い場所を意図的に作って食材の場所を変えるのだとか。
じっくり焼く食材は、火力の弱い所で、炭火の遠赤外線でじっくり中に火を通すって感じ。

バーベキューの良いところは、炭火で焼くから味が違う所。
炭火は火さえしっかり熾れば、少しはなれたところでも、食材に火が通る。
肉がジューシーで美味く焼ける。
そこで、クーラーボックスからキンキンに冷えたビールをグイっといくんですよ。
外で食べるバーベキューとビールは、本当に美味い。
至福の時だね。




posted by ガネーシャ at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

味付け不足を「素材の味を活かす」で誤魔化さないで

料理の下手の女の子に多いのが、味付け不足。
塩、醤油、砂糖などの調味料の不足。
薄味というのではなく、味付けが絶対的に足りていない。

しかし、なぜかそう言う子がよく言うのが「素材の味を活かしている」。
もう、この手の子を数人見た。

違うんだよね。
素材の味を活かすってのは、一級の食材を使ってこそ生きる料理法。
スーパーの特価のもので、素材の味を活かすも何も無いのだけど。
でも、それを直球ズバリ言うと、怒られるから、ここでこそっと書くだけだけど。

ほら、これを見た男性諸氏はみんな頷いてるよ。
女子諸君、覚えておいてね。



posted by ガネーシャ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

ビールの国ドイツで「ビールの祭典」開催

ビールの国ドイツ。
ドイツ人はビールが大好きで、国民酒と言って良い。
チェコも有名ですけどね。
お値段も日本より安いです。

ビールは国によって、特色が結構有るので、観光に行ったらぜひとも飲んでみると良い。
国どころか、地域地域の地ビールがありまして、日本のビールとかなり違います。
日本みたいに、キンキンに冷やして飲む事は少ないので、まずそれに驚く人が多い。
冷え冷えでないから店のミスだと怒らないように。

ビール大好きのドイツで毎年行われるのが、ビールの祭典「オクトーバーフェスト」。
今年で178回目を迎えるらしい。
会期中には、何と600万人ものビール好きが集まる。
600万人ですよ、どんだけビール好きなんだって話。

あっ、写真の右の女の子カワイイ!




posted by ガネーシャ at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

女子高生とデート

先日、女子高生とデートをしてきました。
黒髪ロングのなかなか可愛い女の子ですぞ。

と言っても、大丈夫、違法な事をした訳ではない。
だって、親戚の子に祭りの案内をしてもらっただけだから。

それにしても、女子高生ってのは、元気だ。
自分も高校生の頃は有った(当たり前)のだが、あんなに元気だっただろうか。
もう、しゃべる、食う、動くと付いていけない。
KARAとか少女時代がどうだと言われても、よく分からん。

しかし、十代後半の女性と言うのはちょっと見ないうちに、グッと大人になるもんだ。
いや、別に自分はロリコンではないですぞ。




posted by ガネーシャ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

7月のタバコ販売量が2010年の増税前より増加

タバコの値上がりの話がまた出てきたようです。
小宮山厚労相が一箱700円を目指すと発言しました。

タバコの増税の時に、必ずと言っていいほど出てくる話が「増税になれば販売数が減って逆に税収が減る」と言う話。
しかし、面白い結果が出ています。
日本たばこ協会(http://www.tioj.or.jp/)によれば、2011年7月のタバコ販売本数が、前年同月比で0.2%増加したと発表しました。
2011年7月の売上本数が、2010年7月の売上本数とほぼ同じです。
気が付きましたか?
2010年には、10月に大幅増税があった年です。
その大幅増税前の2010年7月の売上本数と、大幅増税後の2011年7月の売上本数がほぼ同じどころか微増しているのです。
少しは減っているかと思ったのですが、この実績には少し驚いた。

当然、金額ベースで売上は37%増と大幅に増加しています。
税収も同様に増加しています。
面白いですね。





posted by ガネーシャ at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

ドイツのボンで売春婦からメーターで売春税を徴収

ドイツのボンで、路上で客を引く売春婦から、パーキングメーターのような機械で売春税を徴収するシステムが稼動中。
売春婦は、この機械から一晩6ユーロ(660円)のチケットを購入して、客を引く。
このチケットを持ってなければ、違法となり処罰の対象になると。

売春婦は、客を取れても、取れなくても、そこで客引きをする場合にはチケットが必要。
分かりやすく言えば、売春の客引きをするショバ代を国に払うって事ですかね。

ちなみにこのシステムで得られた税金は、稼動一週間で246ユーロ(2万7千円)だったらしい。
政府は、年間で20万ユーロの税収を見込んでいるそうですが、取らぬ狸の皮算用にならなければいいけど。




posted by ガネーシャ at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

ラムネは飲み口までガラスに限る

夏と言えば夏祭り、花火と色々有るんですが、そこには夜店がつき物。
暑い夏には、喉が渇く。
そうなれば、夏の夜店の飲み物といえば、ラムネですよ、ラムネ。

夜店のおやじさんに、お金を渡す。
大きな氷が入った、水で満たされた水槽に、手を突っ込んでラムネを取り出す。
この氷水に自分で手を突っ込むってのがまず良いね。
店によって、自分で取り出さないで、おやじさんが取り出してくれる所もあるけど、これは頂けない。
取り出したラムネは、夜店のおやじさんに、タオルで拭いてもらう。
じゃないと水浸しで濡れてるからね。

そして、最後に待ち受けるのが、ラムネ最大の見せ場である開封。
ラムネの飲み口の部分についている凸型のフタで、ラムネに封をしているビー球を勢い良く落とす。
この瞬間が、日本の夏。
ラムネが噴出して手を汚す、その手が少しベタ付くのも日本の夏。

最近は、ラムネの飲み口部分が、プラスチックの物が多い。
これは頂けない、ダメだ。
洗浄の手間や、衛生面の問題が有るようだが、味が無いし、風情が無い。
最悪なのは、ビン全部プラスチックの物まである。
若い人は知らないかもしれないが、昔は飲み口がプラスチック製ではなく完全に飲み口の部分までガラス製のラムネビンが有ったんですよ。
プラスチックって、熱伝導が低いので、口をつけたときにビンの冷たさが伝わらない。
でも、飲み口までビンだと、口をつけた瞬間に冷たい。
この差は、極めて大きいんですよ。

と、ラムネで、語ってしまった。



posted by ガネーシャ at 03:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

日本最初のジェット機「橘花」(きっか)

第二次大戦末期、1945年8月7日、今から66年前の今日、日本に初めてジェット機が空を舞いました。
そのジェット機の名は「橘花」(きっか)と言います。
見て分かるように、第二次大戦の最終盤、敗色濃厚で前日には広島に原爆が投下されて、完全に日本が追い詰められていた時です。
その時「橘花」は、日本の大空を舞いました。

「橘花」は、ジェット機開発で先を行っていたドイツから、技術提供を受けて開発が進みました。
ドイツから提供を受けた設計図は、1944年3月、日本海軍の潜水艦に乗せられてドイツ占領下のフランスを出発。
潜水艦は、アメリカ海軍の哨戒を掻い潜り、シンガポールまではたどり着いた物の、その後アメリカ軍によって撃沈されます。
ジェット機に関しての資料は、多くは失われたものの、一部がシンガポールから輸送機で空輸され、何とかそれを元にして海軍と陸軍によるジェット機開発が始まった。

ジェット機の試験飛行には、「秋水」と言うジェット戦闘機が一歩先んじました。
1945年、7月7日のことです。
しかし、「秋水」は、エンジントラブルにより墜落し、試験飛行は失敗。
これによって、ジェット戦闘機「秋水」の計画は頓挫します。

一方、「橘花」は「秋水」の失敗にもめげず、開発を進め、ついに8月7日の試験飛行にこぎつけます。
「橘花」は1945年8月7日に12分、ジェットエンジンで空を飛びました。

しかし、第二次大戦は「橘花」の実戦配備を待つ事無く終結。
橘花が戦争で使われる事は有りませんでした。
現在は、実戦配備前に数少なく製造された「橘花」がアメリカのスミソニアン博物館の保管施設に眠っているそうです。



posted by ガネーシャ at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

ゴールドカードは使う物じゃなく女の子に見せる物

クレジットカードは、使いますか?
僕は、よく使うんですが、カードは、ゴールドカードです。

ゴールドカードと聞いて、凄いと思います?
実は、さほどゴールドカードって珍しくも凄くも無いんです。
でも、一般的にはゴールドカードって、凄いものだと思われてるんですよね。

このゴールドカードですが、実は使うより、見せる物、それが最大のメリットだと思っている。
なにぶん、「ゴールドカード=お金持ち」ってイメージが有るので、お金に弱い女の子はゴールドカードを持ってる男に弱い。
買い物に行った時、食事で会計の時に、わざとらしくじゃ無いですがカードをその女の子に見せる。
それだけで、お金に弱い女の子は「ゴールドカード素敵!」って成るんですね。

まあ、こういう使い方もアリじゃないでしょうか。




posted by ガネーシャ at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。