2013年03月29日

日本人がインフレに鈍感で助かった安倍首相

安倍首相は、物価を上昇させる事を半ば公約のようにしている。
インフレ2%を標榜している。

実際に2%の物価上昇が、今後可能かは不明。
ただし、言えることは今起こりつつあるように、円安誘導による輸入物価の上昇は確実に起こる。
日本はエネルギーや食料品を海外に依存しているため、円安に誘導する事で確実に物価は上昇する。
デフレ克服、インフレ2%と言う目標は、実はそう難しい事ではない。
だが、難しいのは、「それで人々の生活が良くなるのか」と言う問題。

理論上、物価が2%上昇するなら、所得が2%以上上昇しなければ、生活は逆に苦しくなる。
銀行に全財産を貯蓄している人は、預金金利が2%を下回っている状態では、理論上「貯蓄が目減りしている」事になる。

安倍首相にとって、助かっているのは、日本人がインフレに鈍感である事。
長らく続くデフレで、「兎に角デフレは悪」「デフレを何とかしてインフレにすればよくなる」と日本人が問題を簡略化して考えている事だろう。
実は、問題はそんな単純ではないのだが。。。

posted by ガネーシャ at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

日本政府の中国国債購入について

日本政府が中国国債を購入する事は、以前から話題になっていたのですが、具体的に金額に付いて650億人民元(約8500億円)の購入枠が中国政府から許可された事が分かりました。

もう少し大きくなるかとも思いましたが、とりあえず8500億円程度(103億ドル程度)。
もちろん、一気にこれだけを購入するという訳でもありません。
日本が抱える大量の外貨準備からすれば、1%にも満たない額。

中国国債を買う理由は色々あると思いますが、リスク分散と言う観点で一番メリットが大きいかと思います。
日本の外貨準備は、ドルの占める比率が極めて大きいので、この状況はあまり宜しくない。
また、純粋に投資と言う意味でも悪くない。

中国と関係強化と言う側面が有りますが、まあ、それはそんなに期待はしない方が良いでしょう。
中国は、まがりなりにも経常赤字国ではなく、経常黒字国ですからね。
ただ、中国としては、今の「ドル基軸体制」への揺さぶりと言う事で日本の外貨準備に一部元を加える事を好感しているでしょう。
中国は、世界に「元を使ってね」と働きかけている面が有ります。
アメリカが、「元の国際化」に焦って「ドルの価値」を安くしにくくなれば、それもまた良い点でしょうか。





posted by ガネーシャ at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

ある意味国ぐるみのインサイダー取引の為替介入

何時も思うんですが、インサイダー取引は人や会社がやると問題ですが、国ぐるみでやると問題に成らない。

去年秋、政府日銀が円売りドル買いの為替介入をやりました。
75円半ば頃から断続的に大量のドル買いをして78円位まで買い続け、一気に円安が進んだ。

今年に入って、日銀は追加で金融緩和を発表し、それを契機に今まで止まっていた円高の流れが逆転し今は久しぶりの円安水準。
現在79円台中ごろ。
政府は、昨年秋の介入で得たドルに、大きな利益が乗っている事に成ります。

国は、為替介入する権利も有るし、金融政策を決定する権利も有る。
でも、国はインサイダー取引で捕まる事は有りません。
ある意味、同様の方法を使えば、濡れ手に粟で巨額の利益を得られるなと思ったりもします。




posted by ガネーシャ at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

日銀が1%のインフレターゲット

案外大きな出来事と言えるでしょう。
どうやら日銀が、1%程度のインフレターゲットを導入するようです。
以前から白川総裁は同様の事を言ってはいたのですが、ぼやかして表現していた為にあまり市場でも重要視していなかった。

これまで、日銀はインフレになってないので、デフレはインフレよりマシだと言う印象があった。
デフレも良い事ではないが、どこかインフレほどには危機意識を持っていなかったように思います。
それが、明確にデフレから、僅かながらもインフレを目標にすると明言した事は、結構な衝撃を受けました。
少なくとも自分は。

何所まで日銀が本気かは不明ですが、案外、これで日本経済が方向転換する可能性もある。
良い方向へ向かうか、悪い方向へ向かうかは、まだ難しいですが。
物価が1%毎年上昇するとすれば、それは今の金利水準にも大きな影響を与えますから。




posted by ガネーシャ at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

ECBがまた大量の資金供給を準備中

欧州の財務危機に対応する為に、大量の資金を供給してきたECB。
2月にもまたドッサリ資金を供給してくれるようです。
これは当然、金融機関に欧州の国々の国債、特にギリシャやイタリア、ポルトガルなどの国債を買ってもらう為。
これからもギリシャやイタリアでは、国債の大量償還・入札が控えている。

ECBが欧州金融機関に供給する資金は、莫大な物でイメージとしては「お札のお風呂」状態。
もう、欧州の金融機関は金銭感覚が麻痺して来てるんじゃないだろうか。

これは副作用も有るものの、一応、現在の金融市場は落ち着いている。
少なくとも、表面的には落ち着いている。
時間を稼ぐ事は十分に機能している。

これを持って、ドラギ総裁の「Draghi magic(ドラギマジック)」と言うわけですが、「マジック」な訳で実は根本的に解決はしていない。
「マジック」のように、「ワァ!すごい」とは成っていますけどね。
マジック、手品と言うものは、見た目はそう見えるのですが実はそれは錯覚であったり、仕掛けがあるもの。





posted by ガネーシャ at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

ドイツもユーロ圏救済に苦言

欧州債務問題の解決には、ドイツやフランスなど比較的余裕のある国の協力が欠かせない。
それが無ければ、地力でギリシャはもちろん、イタリアも危ない。

とは言っても、協力するのにはも限度があるとドイツのメルケル首相が苦言。
「何時までも助けてもらえると思うなよ」と釘を刺したのでしょう。
甘い顔をして、何時までも金をせびられたら堪らないと言うのは、仕方ない考えでしょう。

でも、ドイツはドイツで、ユーロ安の恩恵を受けているのであまりに邪険にもできないし、欧州域内経済が混乱するとドイツ経済にも悪影響。
ドイツが発表した経済報告によると、今年第1四半期の経済成長率を、「横ばい」と予想しています。
これは、もちろん欧州債務問題も大いに関係が有る。

甘い顔は出来ないけど、見捨てる訳にも行かない。
ドイツの苦悩はまだしばらくは続きそう。





posted by ガネーシャ at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

欧州金融安定基金の格付けが一段階低下

先日、フランスやオーストリアの国債が、最上位のAAAから格下げとなった事を受けて、欧州金融安定基金の格付けも一段階格下げ(S&P)。
欧州金融安定基金は、その母体であるドイツやフランスが信用を供与しているので、フランスが格下げになったことで欧州金融安定基金の信用も一緒に下がったと言う訳。

う〜ん、そうなるとは思っていましたが、やっぱり情け容赦なく格下げする訳だ。
もうちょっと時間的な余裕を見ても良いと思うのですけどね。

最近は、確実に格下げドミノ状態。
格下げされた国の影響を他の国が受けてまた格下げが広がる。
どこかで食い止める必要が有るのですが、なかなか上手く行かない。
欧州金融安定基金もその策の一つですが、資金を拠出してもその資金が砂に水を撒くように消えてゆく。
この頃は、ギリシャ、イタリアに続いて東欧も火を吹いてきている感じで、なかなか欧州債務問題は解決の道が見えない。





posted by ガネーシャ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

ユーロ100円割れで10年ぶりの二けた台

ついにユーロが100円を割って、二ケタ台に突入して今年が終わる。
実に十年ぶりの二けた台のユーロ。

さて、欧州旅行の準備をしましょうかね。
久しぶりの欧州。
何だかんだで、欧州は、行きたくても行って無かった場所がまだまだたくさん有りますから。
東欧なんかも面白そうだ。
以前は仕事での滞在だったので、観光って感じではなかったのです。
今年は、為替の利益が大きかったので、ちょっと優雅に楽しみたい所。

今年も後少しで終わり。
今年も色々有りましたが、来年はどんな年になるでしょうか。
欧州の財務危機はまだ燻り続けている。
来年こそ、解決するんだろうか。
posted by ガネーシャ at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

ユーロがあともう一歩で100円割れ

ぎりぎり土俵際で踏ん張ったユーロ。
ぎりぎり100円割れ前で踏ん張ってますよ。
今も、100.18とかその辺りなので、何時100円を割って二桁になってもおかしく無い状況。

ユーロが二桁ってのは、昔有ったのですが、ずいぶん前。
10年以上前の話。
その時も、「ユーロの夢が破れた」と話題になりました。

ユーロは、発足後に一度、「ドルの次の基軸通貨」と言われて上昇しました。
その後、「でも、やっぱりダメだ」と期待がしぼんでズルズルと下落して、対円で100円を割った。
確かそんな話だったような気がします。
ですが、その後は対円でグングンユーロは上昇して、1ユーロ160円以上に成った。
相場ってのは、上がる時も有れば、下がる時もあるもんです。

さて、ユーロが100円を割るのは、今夜か?

posted by ガネーシャ at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

ユーロ下落102円台

ユーロが下落して、対円で102円台。
昼過ぎには103円台の半ばだったのが、夕方ごろからジワジワと下落。
日付が変わってストンと下がった。
イタリアが12日行った国債入札も金利高止まり、英国はEUの財務問題への強力に及び腰とユーロの下落材料が重なった。

しかし、この後もう少しで二桁と言うココが固い。
ココ抜けられない。
ココを抜くには、ちょっと大きな材料か、ジワジワと圧力がかなり積もらなければ無理か。

自分としては、ユーロ二桁入りで欧州旅行の為に、リアルマネーを買おうと思っているのでユーロの動きが気になる。

posted by ガネーシャ at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

あんまり動かないので面白くない為替

この頃、為替(ドル円)がぜんぜん動かないので面白くないですね。
介入効果が思ったより長持ちしてる。
個人的には、「日銀・日本政府ナンボのもんじゃい!」と無謀に円を買い進める連中が多いほうが楽に儲けられるので有り難いのですが。
なかなか、そんな向う見ずな連中も少ない訳で、今は実需の円買いって感じでしょうか。

実需では、確実に年末に向けて円買いが出ているはずなんですが、それほど円高に進まない。
円買いに対抗して、ドルを買ってる(円を売ってる)のは何所なんだろう。
先に判明した政府・日銀の介入の詳細を見ると、覆面で隠密介入をしていた形跡が有りました。
今、ドルの買い手になってるのは、まさか政府・日銀の隠密介入なのかとも思わないでもないですが、たぶん違う。
そう言う意味で、不気味に動かない相場と言うのは気持ち悪いし、手を出しにくい。

ただ、この手の動かない相場と言うのは、どっちかのエネルギーが溜まって行く傾向にあり、動き出したら注意が必要だろうなとも思います。

posted by ガネーシャ at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

アメリカの11月雇用統計の数字

発表された11月のアメリカ雇用統計の数字、まあまあ良かった感じですね。
非農業部門雇用者数はプラスの12万人。
民間部門の就業者数もプラス14万人。
失業率は大幅に改善して、8.6%。

これを受けて為替はドル買いとなり、一時78円辺りまで行ったのですが、今は77円台後半に戻している。
株の方ですが、ダウはやや上昇と言う感じ。
雇用統計の数字は、事前にまあまあ良さそうだとは言われていたので、予想の範囲内と言う見方も出来ます。

まあ、そこそこ良い数字で、安堵って所でしょうか。

posted by ガネーシャ at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月31日

ドル買いポジションは介入を受けて全て手仕舞い

政府日銀が為替介入を行いました。
為替取引をしている人なら、楽にウン十万、百万、二百万と一瞬で手にした人が日本中に大勢居るでしょう。
前回通りの予想通りの為替介入です。
自分も、75円台で買い込んだドルを全て売り、手仕舞いしました。
儲けはって?
まあ、想像に任せます。

介入で、ドル円が79円台に入った事を受けて、しばらくは静観のつもり。
楽に勝てる勝負しかしないのが、自分のポリシーですから。
大勝したみなさん、今夜は勝利の美酒に酔いましょうか。



posted by ガネーシャ at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

76円台乗せで一旦利益確定

75円台のドル買いポジションは、介入が無いままに76円台に戻った為にクローズ。
それほど利益は有りませんが、一旦利益確定しました。
再度、75円台に入ってからドルを買い戻す予定。
ただ、75円90銭台は我慢して、80銭台で買いたい。
逆に76円台で円買いしても良いのですが、こちらは少しリスクが高いのでやっても小額。

介入ラインは分かりませんが、75円台に有ると現段階では予想。
ただ、ジワリジワリと小刻みに最高値更新ということになると、介入ラインもジリジリと変わってくるか。
どっちにしても、75円台のドル買いポジションは、比較的リスクが少ないと思われるので、個人的にはドンドン買って行くつもり。



posted by ガネーシャ at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

日銀砲エネルギー充填中

進む円高で、日銀が介入の準備に入ったようです。
75円台に入り、76円台に戻らない事から、かなりやる気になってきている感じ。
この感じだと、日銀砲発射も近いかも知れません。
でも、今夜かは不明。
朝の東京時間か、明後日か、兎に角今はエネルギー充填中という感じかと個人的には思う。
ただし。76円台に戻せば、再度クールダウンと言う感じもします。
どっちにせよ、75円台は、比較的リスク少なくドル買いが出来る水準かと自分は思ってます。


posted by ガネーシャ at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

円高進行に安住財務相が牽制

昨日円高が進み、対ドルで戦後最高値を更新したことで、安住財務相がさっそく牽制。
「断固たる対応」とは何時もの決まり言葉ですけどね。

昨日の円高は、一瞬戦後最高値を更新したものの、直に76円台に戻りましたので、政府日銀が具体的に動き出す可能性は少ない。
もし、戦後最高値を更新して、75円台半ばをキープしたりしたら、「これは来るぞ!」って気はしますけどね。
やはり、介入と言うのは機と言うものが有る。

基本的には、レンジ相場が少し円高に振れた程度の物だと個人的には思います。
まだ、レンジ相場は続きそうで、何度でも幅を取れる感じはする。




posted by ガネーシャ at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対ドルで円が一時戦後最高値を更新

久しぶりに少し為替が動きましたね。
76円台の後半あたりをウロウロしてたのが、午後10時ごろに一気に76円を割って、75円台に突入。
一時は、75.78円まで円高が進みました。
一旦、この値をつけた後はドルの買い戻しが有って、76円台に押し戻されて、現在76.10辺り。

23日に予定されているEUの首脳会談前にリスク回避の円買いと言うもっともらしい説明が付いているのですが、さてどうか?
どっちにしても、75円台はそろそろ日銀も快く思わないレベル。
即介入と言う事は無いにしろ、ここから先は日銀も座視しないと思われ、ここから円高が更に進むとは考え難くは有る。



posted by ガネーシャ at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

若干の円安トレンドだった今週のドル円相場

大きな円高の流れは止まり、逆に若干の円安のトレンドに今週はあったような感じ。
チャートでは、短期移動平均線は、確実に円安の方向に行っている。
長期の移動平均はまだ円高方向だけど、移動線の期間によっては、このまま行けば円安方向のゴールデンクロスを作る可能性が出てきた。

円高に行きにくいのは、日本政府が円高にさせないと言う姿勢を打ち出しているので当然。
為替を動かすプレイヤーとして、日本政府と言うのは巨大な存在で、そいつを敵に回して勝負しようなんて人も組織も無い。
過去には、一国を敵に回して相場を張って勝利した凄い連中も居たけれど、さすがにその相手が日本政府と言うのは無茶ってもん。
もしやるなら、血で血を洗う凄まじい経済戦になって、経済史に語り継がれるだろうね。
見てみたい気はするけど、怖すぎる。




posted by ガネーシャ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

代表選のゴタゴタで案外動かなかった相場

民主党代表選や首相選出のゴタゴタに乗じて、相場が動くかと思ってたんですが、案外動かなかった。
ずっとチャンスを待ってたんですが、結局動かずじまい。
政治空白に乗じた動きが来ると予想して、狙ってたんですけどね。
残念。

野田氏は、円高への対応を口にしていますし、元財務相ですから今後は大きな円高は無理っぽい。
円買い勢は、やるなら日本政府・日銀と真っ向戦う事になりますからね。
政府が容認できるのも、現段階では76円まででしょう。
円が76円を切りそうな位に円高に突っ込んできたら、自分はドル買い円売りで対応ってのは今までどおり。
介入っていう援軍が後ろに控えてるので、勝算の方が高いっしょ。



posted by ガネーシャ at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

一時76円割れも完全行って来いで76円50に戻る

ドル円相場では、円は一時史上最高値を更新して、75円台に突入した訳ですが、完全に行って来いで76円50銭に戻ってきた。
やはり、介入警戒感は強いという印象。

個人的には、76円台での介入は無いと思うので、76円台後半の76円70位だと円を買っていける。
アメリカは、ドルのジャブジャブを止めないだろうし、日銀も頭が固いので追加緩和も大した事がないでしょう。
つまり、根本的には円高の圧力はジワジワと続いているので何もしなければ円高に流れやすい。

次の介入としては、75円台に入ってから75円台の半ば当りか?
と言う事で、75円台に入れば、ドルをジャンジャン買っていけば良さそうな雰囲気があり、介入でドルが跳ね上がったところを売り抜けると言う基本戦略。
前の介入の二匹目のドジョウと言う感じ。



posted by ガネーシャ at 03:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。