2013年03月08日

サムスンより鴻海精密がマシだと考える甘さ

シャープがサムスンと資本提携を結ぶとか。
100億円規模の出資で、持ち株比率は3%、サムスンはシャープの第五位の大株主となるとか。
3%であるので、そんなに親密な資本提携と言うよりも、形式的な色合いが強いか。
当然、経営に口を挟めるような比率ではない。

シャープとしては、昨日の敵は今日の友と言ったところか。
と言っても、シャープとサムスンでは残念ながら格が違う。
日本人の悪い所で、日本企業を無条件に持ち上げるが、国際的に見て格で言えばサムスンの方がシャープより上。
サムスンがシャープの助けに応じたと言った感じか。

当然、サムスンもタダで金を出すようなお人よしではないので、狙いもあるだろう。
技術だったり、製造力だったり、究極的には買収だってしたいと思っているかもしれない。
どうも、勘違いしている人が居て「サムスンと手を結ぶなら、鴻海精密の方がマシ」と言っている。
これは、甘い考えだ。
鴻海を甘く見すぎている。
鴻海だって、サムスンと同じだ。
狙っているのはシャープの技術であり、製造力であり、ゆくゆくは買収だって考えている可能性がある。
個人的には、サムスンよりも鴻海の方が怖い気がする。
posted by ガネーシャ at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 株価材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

インターネットヘビーユーザーはなぜ頭が悪いのか

あるカフェでコーヒーを飲んでいて、隣のカップルの声が思わず聞こえたのですが、面白い話。
「インターネットって、暇つぶしと情報収集のツールだから、そんな所に長居してるネット中毒者・ネットヘビーユーザー人は頭が悪い」と話しておられた。

確かに、友人を眺めて見て、(自分基準で)賢い人はあんまりネットを重視している人は居ない。
ブログやフェイスブックを使っている人は居るけれど、それに振り回される事無く、「息抜き」程度。
その賢い友人達は、聞いた話では、ネット接続は1日に1時間も無いとか。
そもそも、仕事が忙しいし、空いた時間には読書や勉強で自分を高める事に重点を置いている。

つまり、「賢い=仕事が出来る=忙しい=空いた時間は更に自分を高めるために使う」と言う構図なのかもしれない。
逆に、「賢くない=仕事が出来ない=仕事が無い=暇=ネットで遊ぶ」と言う構図なのかもしれない。
確かに、ネット掲示板などを見ても、毎日、朝から晩まで書き込みが日課のような人の書き込みは、残念な内容が多いように思う。。。

ふと、聞こえてきた会話に妙な事を考えさせられた寒い一日。

posted by ガネーシャ at 02:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

桜宮高校の事件に見る日本人の連帯責任好き

大阪の桜宮高校でバスケ部の部員が自殺した事件。
顧問の先生に暴行を受けて、それを苦にして自殺したと言われてます。
本人が自殺してしまったために、詳しい事は分からないですが。

この事件で、桜宮高校の体育系学科の入試が中止になるとか、ならないとか。
問題に成っています。

この流れで見て思うのは、日本人って言うのは連帯責任を取らせるのが好きな民族だなと思う。
一部の人間が悪さをしたら、その組織に属する人間全員に責任を負わせる。
以前、「日本人はいじめが好き」って書いたのですが、そこにも通じる事だと個人的には思います。
欧米的な個人主義の価値観では、この手の連帯責任的な考え方は理解されませんが、「罰」や「罪の予防」のためなら個人は犠牲になっても止む無しと言う日本的な価値観が垣間見れる。

桜宮高校の在校生やOB、保護者は、入試の中止など学校全体へのペナルティに抗議の姿勢を見せている。
暴行を行った顧問が悪いのであって、その責任を学校の在校生にも負わせるのは違うと言う。
これは、日本的ではない、「個人」もっと言えば「在校生個人の権利」を主張している。
一方、学校へのペナルティは、「個人の権利」よりも「罰」や「罪の予防」に重点を置いている訳だ。

まあ、個人的には、この手の連帯責任的懲罰と言うのは、嫌いである。
日本の悪い部分のひとつではないかと思う。




posted by ガネーシャ at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 株価材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月26日

日本の海外進出は現地の為ではないので綺麗ごとは通用しない

アルジェリアのテロ、人質事件ですが、日本人多数が殺害されるという事態で終わりました。
今、日本企業・日本人は世界各地に赴いてビジネスを行っており、中には政情不安・治安の悪い場所もある。
そういった駐在員は、高い塀に囲まれた居住エリア、24時間警備員が居る場所に住むというケースも良くあります。

「現地の発展の為にも日本人がビジネスをしている」と言う人がたまにいますが、実情はなかなか複雑な事が多い。
必ずしも、日本企業・日本人が現地でクリーンなビジネスをしているとは限らない。
石油や鉱山などの資源掘削などの場合、現地の環境破壊に対する反対運動や、先祖代々の土地を異国の人間に荒らされると言う反感などで現地の人間が良く思っていないケースがまま有る。
これに過去の戦争や宗教対立などが複雑に絡み合うと、何かと問題が起こりやすくなる。

「現地の(経済)発展」というのも、日本人の綺麗ごとの部分も有る。
日本人は、「金」で物事を計りがちですが、外国では金と同じか、それ以上の価値を「伝統」「風習」や「宗教」が持っているケースがある。
そのため、「金」「経済発展」を”餌”にして交渉をすると、現地の人が激怒するケースも有る。

日本人とは価値観も道徳観も違う海外でのビジネス、難しいものです。

posted by ガネーシャ at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月23日

日本人はいじめが好きな民族だと思う

日本人と言うのは、良くも悪くもいじめが好きな民族だなと感じる。
外国人とも付き合い、外国の価値観も知ると、その事をよく感じる。

外国でもいじめは有るが、日本では陰湿さや徹底さが違う。
日本では、寄って集ってどんどん追い詰めて、対象者を「致命的」にまで追い込む。
そして、救いも無い。
なぜなら、いじめ被害者をかばう人間が今度は、いじめの標的となるから。
これは子どもの話ではなく、大人の世界でもそう。

自分が思うのは、これは日本人の考え方、価値観に原因が有るのではないかと思う。
日本人は、「皆と同じ」「皆と違うことをしてはいけない」と言う価値観が強い。
モラルや規律には厳しい。
だが、その厳しさは、反面「規範から少しでも外れた人間には情け容赦なく虐める」と言う面ももたらす。
欧米の価値観の根底にある「個人主義」でなら許される「個人の自由」の行動が、日本では「自分勝手で集団活動から許されない」に成ってしまう。
その結果、よってたかって、いじめを行い、その人間に制裁を加える事になる。
「いじめを行う」と言う行為、そのものがその集団の規範となり、「いじめに加わらない人間も規律を破る人間」とみなす風潮すらある。
これは、社会や組織のモラルや規律を守るためには有用な事かもしれない。
反面、陰湿ないじめを生む土壌となっているように思う。

最近は、欧米文化の流入で、個人主義が強まり、日本古来の「村社会」的思想は少しずつ薄れてきたかもしれない。
だが、やはりまだまだ日本人特有のイジメ文化のようなものは、よく感じる。




posted by ガネーシャ at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

ブラジルで美尻コンテスト

ブラジル・サンパウロで美尻コンテスト開催。
ブラジル国内から、美尻自慢が一堂に会した。。。

肉付きの良い美尻がいっぱいです。
体型が痩せ型ではない、女性らしいふくよかさ。
僕も、あんなりスマートすぎる女性は苦手なんですよね。
日本人は、標準よりも痩せ型を皆さん目指しているようですがね。



posted by ガネーシャ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。