2012年11月29日

女も本当はエロいのよ

フランスで行われた調査によると、フランス人女性の80%がポルノ映画を見た事があると答え、その半数はパートナーと一緒ではない時に見たと答えたとか。

面白いのは、その理由で「パートナーとの性生活に刺激を与えるため」と言う女性が多かった。
ここに男性と違った意味合いが見て取れますね。

女性も当然、エロい訳です。
自分はエロくないと装う女性は多いですが。
だが、勘違いしてはいけないのは、男性のエロいと方向性、ベクトルがまったく違う事でしょう。
男性のエロとは、全方位のエロである訳ですが、女性のエロとは一点突破型が多い。
愛情や好意がまったく無い女性でも簡単にその気になってしまう男性と、愛情や好意が無ければその気にならない女性との違いでしょうね。



posted by ガネーシャ at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 株価材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

鴻海はシャープが白旗を揚げるのを待っているのか

シャープが大幅な赤字を計上して、経営状態はきわめて悪い。
資金繰りもかなり悪化し、銀行頼みの資金繰り状態。

問題は、鴻海の出方だが、鴻海はシャープを焦らしているのか両社の提携交渉は上手くいかない。
どうも、嫌な予感がするのは、鴻海はシャープの経営が行き詰まり、両手を挙げて白旗を揚げるのを待ってる気がする。
最悪、シャープが倒産して、安くシャープを買い叩いてやろうかと考えてる気もする。

シャープと鴻海とが資本提携交渉を進めていると一報が流れたとき、世間では鴻海が「シャープの救世主」のように言われた。
だが、鴻海はそんな甘い会社じゃない。
一代であれだけの大企業にのし上がった企業だ。
損得勘定にはかなりシビアだ。
中国の工場で労働問題が深刻化しているように、儲ける為に徹底的に合理的に、打算的に攻めてくる企業と考えた方が良い。
決して、シャープにとって、白馬の王子様ではないだろう。

posted by ガネーシャ at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 株価材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

シャープ年初来安値更新で一時150円

シャープの株価が大幅下落して9日に一時150円。
終値が151円。
年初来安値を大幅更新してしまった。

シャープに関しては、不透明感が強い。
今後、どうなるのか見えてこない。
ホンハイとの提携交渉もなんだか上手くいっていないようで、個人的には最悪の場合ご破算と言うのもありえるような気がする。
どうも、シャープとホンハイに温度差を感じるんです。
なんというか、シャープはホンハイに「金だけ出してくれれば良いんだよ」と言う印象で、一方のホンハイはガツガツと「金を出すから、技術や経営権もよこせ」と迫っている。

ホンハイは、ご存知のように一代であれだけの大企業にのし上がった企業。
絶対に甘い交渉はしませんし、ガツガツと貪欲に来ます。

シャープは好きな会社ですから、がんばってほしいのですが。



posted by ガネーシャ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 株価材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

中国で反日デモ活発化

尖閣諸島を巡る問題で、中国では反日デモが活発化。
日系企業のの商店が暴徒に襲われたり、工場が放火されたりもしている。
人的被害も出ていて、日本人が襲われる被害も。

なんとも下らない事をしてくれる。
もうちょっと、平和的に行動出来ないものだろうか。
商店を襲ったり、放火したりでは、もうデモとは言えない、暴徒だね。
中国政府もこういう暴徒を鎮圧できないと言うのは恥ずかしい話だ。




posted by ガネーシャ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月19日

領土問題ってのはどっちも自分の物だと思ってるから

結局のところ、領土問題ってのは、あっちの国もこっちの国も、どっちの国の人も、「あそこは俺の国のもんだ」と思ってる。
尖閣諸島にしてもそうで(竹島にしてもそうだ)、日本人は日本のものだと思ってるし、中国人は中国のものだと思ってる。
そして、不毛なことに、日本人は「中国人はバカだな、尖閣は日本の領土なのに言いがかりをつけて」と相手に思い、中国人は同様に日本に思う。

日本人は当然、日本語で日本に有利な情報を見て、日本のものだと思い込む。
中国も同様。
国の上層部の人間は、正確な情報を持っていて、「本当はうちのものじゃないだろうが、あそこは重要だから領有権を主張しよう」と思っている可能性はある。
そこで、国民に「あそこは我々の国の領土です」と国民を煽る。
もちろん、これは、中国政府がそうである可能性もあるし、日本政府の可能性もある。
世の中、そんなもんだ。




posted by ガネーシャ at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 株価材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月18日

おひさしぶりだ

どうも、おひさしぶり。
実は、春から通貨危機の欧州へ旅行に行っていて、更新がストップしていました。
といっても、ずっと欧州ではなく、だいぶまえに日本には帰ってきたんですけどね。
一度、更新を止めちゃうと、なんだか更新するのが面倒になってしまって。

これから、ぼちぼち、気が向いたときに更新再開しますね!



posted by ガネーシャ at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。