2012年04月22日

男性もアンダーヘアのお手入れの時代か

ファッションとか流行に敏感な女性ではご存知の人も多いように、最近は日本人女性でもアンダーヘアのお手入れの時代に成ってきました。
単に水着を着る前の「水着からはみ出ない為」のお手入れでは無いですよ、もっと本格的なお手入れです。
人によっては、完全に無毛にする人も居るようですね。
欧米で21世紀に入って急速に流行り始めて、それが日本にも伝わってきたようです。

欧米では、女性に留まらず、男性もアンダーヘアのお手入れが流行の兆しを見せているとか。
男性用のワックスが流行し始めているんだそうです。
美容サロンでは、男性の脱毛・除毛のお客が増えているんだとか。

日本では、まだまだ下半身に海苔をベタとくっつけたような女性もまだまだ多いですが、さてどうなるか。
個人的に一人の男性として思うの事は、完全に無毛にするのはどうかと思いますが、あまりに濃い人は考えた方が良いかも。。。
一方、男性のアンダーヘアのお手入れですが、女性はどう思うのかな。




posted by ガネーシャ at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミャンマーの商機をうかがう大手商社

ミャンマーで民主化が進みつつあり、これは喜ばしいこと。
欧米の経済制裁も段階的に緩和される可能性が出てきました。
そうなると、東南アジアの最後のフロンティアとも言えるミャンマーへの投資も活発化する。

ミャンマーですが、既に大手商社を中心に動き始めています。
各種事業の準備を進め、日本企業誘致や現地での事業展開など、色々と水面下で進んでいる。
大手商社は、元々ミャンマー(ビルマ時代から)にコネクションがあり、欧米が経済制裁を課す中でもミャンマーで事業活動をして関係を続けてきました。
例えば、今某大手総合商社の役員には、元ミャンマー大使館の人間がいたりする位です。
ビジネスでは、こう言うコネクションは重要、人間関係にウェットなアジアでは特にね。

ミャンマーは元々、東南アジアでは大国であり本来ならばタイのようなそこそこの立場の国に成れたはずなのです。
それが、軍事政権誕生による欧米の経済制裁で一変してしまった。
元々、天然資源や農産物などに恵まれる豊かな国なのです。

ミャンマーがこのまま民主化に進み、軍政から民主政治に移行すれば良いですね。
ただ、楽観的になりすぎるのも危険ではありますが。




posted by ガネーシャ at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 株価材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

ベラルーシ人デザイナーのランジェリーファッションショーが異常にセクシー

女性ランジェリーは男にとって、永遠のロマン!
若い時は、脱がす対象でしかなかったですが、ある程度歳をとると、これが愛でる対象となるから不思議。
男も、女性が気合の入ったランジェリーに身を包んでいる時は、しっかりとそれを見て「いいね」とか「かわいいね」とか「似合ってるね」とか、感想を言う位の余裕は必要でしょう?

ベラルーシ人デザイナーによるランジェリーショー。
セクシーなランジェリーに身を包んだモデル達が、美しい。
ランジェリーは、セクシーさ、色っぽさを演出する為にシースルーにしたりしますけど、どうもこのショーのランジェリーはシースルーが大きいような。
かなりスケスケで、見えすぎてるような気が・・・




posted by ガネーシャ at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 株価材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

軽い気持ちの一夜の恋のつもりがえらい事に

ドイツで起こった事件。

43歳の男性が47歳の女性とバーで知り合い、そのまま女性の家に行き、ベッドへ。
とまあ、ここまでは良い。

ところが、この女性、とっても性欲の強い女性で男性に求め続けた。
一晩で”数回”のメイク・ラヴの後、女性はそれでも満足できずにさらに求めた。
男性は、頑張って、さらに”数回”それに応じた。
数回の後、さらに数回、この即席カップルは励んだ事に成りますが。。。

しかし、この女性、「数回×2」の後でもまだ満足できずに男性に求めた。
さすがに男性は、もう無理だと家に帰ろうとしたが、女性はそれを許さず、男性を家に帰さない。
困り果てた男性は、文字通り「逃げ出し」警察に駆け込んだ。
女性は性的暴力と不法拘束の容疑で起訴される可能性があるとか。

いやぁ、突っ込みどころ満載でしょ。




posted by ガネーシャ at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソニーが復活するって本当?

ソニーが1万人の人員削減を発表しました。
今、必死にかつての栄光を取り戻そうとしている(ようには見える)。

でも、ソニーだって復活できるとは限らない。
かつて、隆盛を極めたアメリカの自動車業界が、あんな風になったのと同じ事。
ダメなことをやっていては、復活どころか何時か倒産してもおかしくない。
それが経済、企業と言うもの。

確かにソニーは昔すごい会社だった。
心躍る製品を世に送り出した、それこそ偉大な会社だった。
尊敬に値する。
今は、それがアップルに移った。
人々の心を虜にする製品を世に送り出すというのは、本当に素晴らしい事だと思います。
素晴らしい芸術、音楽と同じ。
もちろん、アップルだって、今はそういった素晴らしい会社だが、10年後、20年後もそうであり続けるかは分からない。
そうあり続けて欲しいとは思いますけれどね。

ソニーも復活できる事を、期待したい。
面白い製品が世に多く出る事は、楽しい事ですよ。




posted by ガネーシャ at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 株価材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

タイの水かけ祭りで水をかけあうカワイイ女の子たち

タイは暦が、4月に正月になっています。
太陽暦でも、旧暦でもなく、4月の13日から15日が正月と決まってます。
面白いね。

そのタイの正月は、ソクラン(ソンクラン)とも言われますが、その時に人々が水を掛け合う「水掛まつり」が有名。
気をつけないと、その気が無くても水をかぶるハメになるので注意。

写真ではかわいい子が水を掛け合ってますね。
これ、本当にただの現地の女の子でしょうか?
それにしては、ちょっとかわいすぎな気がしますけど。
観光行事的に、かわいい子を雇って華やかさを演出してる感じがしますが。




posted by ガネーシャ at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。